第3248話 尻尾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185名無しさん :2014/04/22(火)22:59:17 ID:ebJBWIQ5Y
初めて書くんだが爺ちゃんから聞いた話で10年前の事だから多少うろ覚えだが勘弁してください。

T県の山に猟師をしてた爺ちゃんは入っていった。
若い頃としか聞いてないので今60なので40年前ほどになるか。
普段は兎や猪を仕留めてたりしてたのかな、その日は一匹も獲物に遭遇しなかったそうな。
本当に一匹もいなくてイライラしていた矢先、普段通る山道の途中に石碑があるのだが何かおかしいと爺ちゃんは思ったそうな。

その石碑は横に長いらしくて後ろが全く見えないらしい。何か一杯文字が書かれてたらしい。
その石碑の横から尻尾だけがちらっと見えたそうな。
その尻尾かなり大きくて長かったらしい。
尻尾はすぐ引っ込んでいって爺ちゃんは何を思ったか好奇心で尻尾を追ってしまった。

石碑の後ろに回り込む、何も居ない。
しかし石碑の後ろには道が続いていた。木々の間に細い道が、爺ちゃんは不自然に感じたそうな。

その道を歩いていく、すぐ開けた場所に出る、大きな木々がそこを囲む様に生えている。

円を描いた様なその開けた場所は真ん中に綺麗な川が流れている、その川の石で出来た中州に目が行く。

色々な動物の物と思える骨やら肉片が山積みにされていたそうな。

幻想的とも思える山奥で見つけた開けた場所、そこには似つかわしくない物があった。
爺ちゃんは困惑していたそうな。

ふと上を見る、大きな木の枝に何かがたくさん掛かっている。
猿?だったかな、そう見えたらしいがよく見ると違う。

獣の皮が干してあったそうな。
人間じゃ上れない様な高さにたくさん、綺麗に四角に畳んであったそうな。

そこで爺ちゃんは此処は人間が来る所では無いって直感で感じて逃げたそうな。

帰り道特に何も無かったらしい。そしてもう二度とそこには近付かなかったそうな。

周りの知人や猟師仲間に聞いてもそんな道は無いとか言われたとか、確かめようにも体が拒否してそこに近付けなかったそうな。

オチも確信に迫る情報も無いのですが爺ちゃんが真剣に孫の俺に語ってくれた話だったので書かせてもらいました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第3248話 尻尾』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/04/23(水) 11:45:06 ID:df17f4de8

    そこの山の主の住処かな

  2. 名前:0・0 投稿日:2014/04/23(水) 14:14:01 ID:33ade18c6

    おっかない。
    以前も 獲物が取れなかった猟師さんが、
    迷い込んだ先に生き物の山積みを目撃した話があったよね。

    おもてなし用の贄にされなくてよかった。

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/04/25(金) 01:41:50 ID:107349a8a

    らしい、そうな。

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/04/25(金) 17:18:18 ID:aa2e2bcff

    山姥とか類いなのかな

  5. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/05/01(木) 02:20:16 ID:c0874e8f5

    俺ん家じゃん

  6. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/05/05(月) 14:20:58 ID:732e33c06

    プレデター。

  7. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/05/06(火) 13:32:25 ID:833256ae5

    あれ、これ前似た話読んだな。山こわかな?同じ人かな。
    革が畳んである、っていうのがナニモノかの意思を感じてコワイ。

  8. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/05/29(木) 10:49:36 ID:56019acfe

    60歳のお祖父ちゃんなら、報告者はまだ中学生か行っても高校生?
    10年前ならせいぜい小学校低学年の好奇心旺盛なワンパク坊主。勝手に山に入ってあらぬ冒険をしないように語った物語、かもw
    お母さんがダメって言っても聞かないしかえってやったりするけど、お祖父ちゃんがこんな話を真剣に語ってみせると、効き目あるよね。