第2644話 あの世の花畑?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
145 :本当にあった怖い名無し:2012/01/29(日) 23:21:08.96 ID:bAhRoVWl0
俺が鉄骨から落ちて気を失った時の話

星空が綺麗で、4~5段くらいの横に広い石の階段があって、階段の下はちょっとした中世の庭みたいになってる所に居た
その庭の周りには色んな色の綺麗な花が咲いていて、庭の中には知ってる人が沢山いた
俺はその庭を走り回って階段もジャンプで飛び降りたりしてた
長い事そこで走り回る夢をみてたんだけど、ふと帰らなくては行けないと思った
3日ぶりに目が覚めた俺は脊髄損傷で下半身が完全に麻痺していた
肺に折れた肋が何本も刺さったらしく出血が酷くて、まさに瀕死の状態だったらしい

あれがあの世の花畑だったのかな

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第2644話 あの世の花畑?』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/01(水) 14:19:05 ID:7bdf47e3b

    庭にいた知ってる人たちは存命なのだろうか。だとしたらまだあの世ではなかったのかな?

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/01(水) 21:10:51 ID:18694b870

    今も半身麻痺なの?

  3. 名前:名無し 投稿日:2012/02/01(水) 23:39:14 ID:0c7a79783

    走り回る…

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/04(土) 10:39:33 ID:74a120766

    塊魂ってゲームに、全く同じ場面があるのを思い出した。

  5. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/02/05(日) 14:23:35 ID:27b8dcbc1

    お帰りなさい!よかったね…