第3003話 検査室の白衣

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
537 :本当にあった怖い名無し:2013/01/19(土) 20:43:32.02 ID:O2M4k4o90
内容的に不謹慎かと思ったので悩みましたが昔、働いていた工場には検査室という6畳ほどの小さな部屋があり
そこに入室する時は白衣に着替えなければいけなかった
白衣は廊下にあるロッカーに2、3着掛けてあった
新入社員の時、検査室で一人作業をしているAさんに用事があり
白衣に着替えて中に入った
Aさんへの用事が終わり
「では、失礼します。」と頭を下げて帰ろうとした時
Aさんが「白衣、ちゃんと掛けといてね。」と言った
自分は「はい、わかりました。」と返事をしてドアの方に体を向けた瞬間、とても驚いた床に白衣が大の字に広げて置いてあった
小さい部屋の中、二人きり
誰かが入って来て気付かないはずのない距離
何だこれ・・いつの間に・・・と絶句しているとAさんが
「あら?聞いてないの?」と驚いている
「これ、たまにあるから。」
この現象Aさんが入社した10年前からすでに発生しており
初めは、原因を究明しようと休日出勤し1日中見張ったこともあったが
ほんの少し目を離した隙に、白衣が置かれており
白衣が置かれる事以外に特に被害もなく
他の社員も慣れているのか「またかよ。面倒くせえなあ」なんて人もいるくらいだったので
もう、そんなもんなんだって事になったらしい

538 :本当にあった怖い名無し:2013/01/19(土) 20:44:28.89 ID:O2M4k4o90
そんなある日
東日本大震災が起こった
会社が海のすぐ側だったが、すぐに避難した為
うちの会社に犠牲者はいなかった震災後、数日経った頃だった
同僚が家に尋ねてきて工場を見に行かないかと誘ってきた
はっきり言って、仕事もなく電気もなくやることもなかった自分は
同僚と工場を見に行くことにした工場だった場所はもう瓦礫の山で、自然の力で積み上げられた車や
どこかの家のアルバムや卒業証書やおもちゃやらエ□本やら
色々なものを見つけては二人で嘆きあった
買ったばっかだった新車は屋根の上にきれいに乗ってあった

同僚と「ここは第1工場があったあたり」「ここは会議室だ」なんて言いながら瓦礫の山を歩いていると
遠くのほうで白くキラキラ光るものが見えた
あれはなんだろう。車の屋根とか?鏡じゃない?などと話しながら近づくと
それは大の字に広げられた白衣だった
津波で流されたはずにも関わらず、白衣には全く汚れがなく
たった今誰かが置いたかのように瓦礫の上に不自然に置いてあった
同僚と無言で見詰め合ったあと
「ああ、ここ検査室www」と震災後初めて爆笑した

現在、工場は更地になっており、あの白衣がどうなっているのかは知らない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第3003話 検査室の白衣』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/20(日) 13:11:34 ID:8da55b3df

    新耳袋あたりに載ってそうな話だ

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/20(日) 14:02:04 ID:41eeebdd2

    この世に留まる「霊」の目にはあの日の光景はどう写ったのだろうか?
    建物が崩れ、波にさらわれ、
    沢山の魂が天に登っていく様子を見ていたのだろうか?

    何事も無かったように、その時もその後も
    ずっと時の止まった世界(検査室)に居るような気がする。

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/20(日) 19:53:51 ID:8da55b3df

    投稿主はちゃんとAさんに教えてあげたかな。
    自分がもしAさんの立場なら白衣に何かしらの感情を抱いてると思う。

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/21(月) 00:19:11 ID:05e07f8b0

    この話いいなぁ、オモロイ。
    この現象にどんな意味があるのか、あったのか、考えてしまうね。

  5. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/21(月) 03:25:13 ID:2ce3871d1

    これは不可解な話ですな

  6. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/21(月) 06:01:53 ID:4fe936a7e

    いいね!

  7. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/21(月) 21:29:12 ID:48745f8bb

    震災後、初めて爆笑した に涙が出そうになった。

    そして、 何か理由があって、そこに白衣があるのだろうけど怖がられたり、
    文句を言われても爆笑されたのは始めてだろうなあ。
    その一瞬、意図せずに他人を朗らかにさせたことには変わらない。
    白衣を広げたモノの憂いが晴れて成仏できてるといいな。

  8. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/21(月) 22:10:52 ID:e4e7f05a4

    持ち帰って供養…とか考えたけど白衣はそんなこと望んではないかもな

  9. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/22(火) 00:50:48 ID:bbd08f3ce

    はじめて書き込み。
    不思議な話だなぁ。
    なんだか慰められる。
    その白衣、
    今も何処かで大の字になって
    誰かを疎ませてるんだろうね

  10. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/22(火) 02:47:58 ID:fade67109

    よくわからんけど何か少しジーンとしてしまった

  11. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/22(火) 15:56:46 ID:cd1cd5146

     歴史的大惨事 と 白衣の日常
     “不可解な体験、謎な話~enigma~” の傑作

  12. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/22(火) 21:23:19 ID:9fd778c60

    面白い!!
    座布団10枚!

  13. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/23(水) 09:02:48 ID:d524d822d

    歴史的大惨事の前に、オカルト現象が思わず笑ってしまう日常のものになるのがなんだかおかしいね
    ジーンとした

  14. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/23(水) 16:00:34 ID:ea321fae2

     白衣現象が、何を意味しているのか分からないとはいえ、その何とも言えない “無垢さ” が、悲劇も何もお構い無しというギャップが、面白いですよね

    『同僚と目を見詰め合い「ああ、ここ検査室」と、震災後初めて爆笑』
    『その後、あの白衣がどうなっているのかは知らない』

  15. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/23(水) 23:08:34 ID:9797efa73

    こういうとき、人は笑うんだな...

  16. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/24(木) 04:13:51 ID:ddd5b39a0

    この話はベスト入りや思うねんけど…。
    どう?

  17. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/25(金) 10:33:56 ID:61cdc608d

    思う。
    うまくいえないけど,いいよね。

  18. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/01/26(土) 09:18:13 ID:5c8594466

    これぞエニグマ真骨頂だね
    こういう話好きだな

  19. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/02/12(火) 21:57:46 ID:aa710f60a

    いいね
    ひさしぶりに面白いもの読ませてもらった

  20. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/04/18(木) 20:12:36 ID:6d3fb4643

    えかった
    色んな読後感が一気に来た

  21. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/04/21(日) 22:30:26 ID:bd0d15123

    これはいい話。すごいよ白衣!!

  22. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/04/23(火) 22:01:33 ID:73cea8461

    文章もうまいね。
    本当にいい話だと思う。

  23. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/05/20(月) 01:19:10 ID:383cea803

    何だろう。震災があっても「いつも通り白衣が置かれる」っていう日常があるんだなあ…としみじみとした。

  24. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/05/24(金) 04:37:12 ID:884e7b413

    どこがだよ
    あちこち接続おかしいだろ…
    全体の表現なんかは悪くないんだけどなあ
    しかしまあとりあえずおもしろい話

  25. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/05/24(金) 18:33:04 ID:0f4bc524f

    小説家気取りでダラダラいらない文章かくひとよりはいいよ

  26. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/06/01(土) 03:35:33 ID:1fb68a4aa

    やっぱりベスト入りしたか
    ふさわしい話だと思う

  27. 名前:名無し 投稿日:2013/08/18(日) 21:03:36 ID:023ff538d

    日常と非日常がひっくり返っちゃったね。
    む、何かが目にしみる。

  28. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/08/27(火) 06:43:21 ID:9c2c3e715

    何故、会社で録画しなかったの?
    私ならするけどね。
    創さ…いや、何でありません。

  29. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/08/27(火) 12:49:25 ID:bc24249ee

    ふつうは1円も得しないのに、わざわざ録画機材用意してまで証明しようって思わないんじゃないの?

  30. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/08/29(木) 08:24:32 ID:a3dc4da1c

    そんな不思議なもの録画しようなんて、怖くてできないよ~
    何が映るかわかんないじゃん

  31. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/08/29(木) 09:28:08 ID:1adad760a

    そんなこと言い出したらきりがないね。

  32. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/10/29(火) 20:23:50 ID:652c19b92

    たとえ延々と録画しても映らないんだよ。
    で、メモリなりバッテリーが切れたりすると現れると。

  33. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/11/30(土) 14:59:23 ID:7bdc90b60

    空気の読めない人っていわれない?

  34. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/07/18(金) 15:51:53 ID:44512731b

    津波到達点から一キロの住人だけど、ある程度落ち着いたら周りに瓦礫があっても
    笑いや娯楽を欲してくるもんだったよ
    だから被災地以外で起きてた不謹慎病は、震災直後ならともかく
    一定期間後では多くの被災者に逆効果だったと俺は思ってる。

  35. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/12/06(土) 12:53:14 ID:d5436152a

    震災にも、微動だにしない白衣。

  36. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2015/10/08(木) 19:20:17 ID:4dbca1e5d

    この話ほんとすき

  37. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2015/10/08(木) 21:10:49 ID:d90b9f6a7

    みんなのコメントにも泣ける

  38. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/03/11(金) 16:40:17 ID:2632030dd

    5年が経ちました。
    早いですね。
    白衣は今も変わらずそこにいるのでしょうか 。