第3598話 他人の空似?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

109 :本当にあった怖い名無し:2018/01/12(金) 20:53:13.64 ID:pzaqLlEa0.net[1/5]
数年に一度のペースで変な人に絡まれる
変な人は爺さん、婆さん、おっさん、おばさんで全部違う人
一番若くても親よりちょっと若く見えるぐらい
そんな人が俺を友達扱いしたり、先生って呼んだりする
からかってるんじゃなくて、本気で友達や先生に見えてるような言い方

そして、今朝決定的なことが起きた

110 :本当にあった怖い名無し:2018/01/12(金) 20:57:28.49 ID:pzaqLlEa0.net[2/5]
電車を降りたところでおっさんが駆け寄ってきて、俺の顔をまっすぐ見た
そして、「お父さん!」って言って抱きついてきた
俺は凍りついた
絡まれるのは慣れているけれども、親より年上そうなおっさんにお父さんと呼ばれた時のキモさは格別だ
周囲はドン引きになった
俺とおっさんの回りがぽっかり空いた

違う違うと言っても、おっさんは離れない
他人の空似じゃないかって言うと、おっさんは「なんで他人のふりをするんですか!」って怒る
早口でわーっと喋ってるが何言ってるかわからん
誰かが呼んだのか駅員が来て、俺とおっさんを事務所みたいなところに連れて行った

113 :本当にあった怖い名無し:2018/01/12(金) 21:24:34.89 ID:pzaqLlEa0.net[3/5]
駅員が俺とおっさんに話を聞いた
おっさんが言うには、
彼の父は20年以上前に亡くなった
普通は死ねば記憶を失い、魂だけが転生する
しかし、彼の父は記憶を残したまま転生する術を使い、親族や友人に会いに行くと約束した
最初は誰も信じなかったが、父を見たという話をあちこちで聞いた
みんながもしかしたらと思い始め、彼も信じるようになった
そして、やっと父に出会えたのだという

俺も駅員も困惑した
おっさんは身なりが整ってて、高そうなものを身につけてて、地位も金もありそうな雰囲気だった
それなのに転生だの魂だのなんて言葉を連発し、子供と同年代の男を父親だと決めつける
電波そのものだった

115 :本当にあった怖い名無し:2018/01/12(金) 21:40:01.24 ID:pzaqLlEa0.net[4/5]
結局、「他人の空似でしょう」ということで話がついた
俺は「空似もクソもないだろ」と思った
おっさんは「君は父親を見間違えるのかね?」と食い下がった
それでも、駅員は空似で押し通した
面倒くさかったのだと思う

別れ際におっさんから名刺と連絡先を書いたメモを渡された
「記憶が戻ったら連絡してください」とのことだった
名刺には誰でも知ってる企業の名前と、執行役員なんとかという肩書きが書かれていた
帰った後、その企業のサイトを見た
役員一覧のところにおっさんの名前と写真ものっていた

めちゃくちゃ混乱している
連絡したほうがいいんだろうか

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第3598話 他人の空似?』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2018/01/14(日) 17:41:30 ID:e2b3203e9

    亡くなった親父さんの若いころに瓜二つとかなんだろうか
    以前に遭遇した爺さん婆さんはその親父さんと同年代だったのかな

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2018/01/14(日) 18:24:46 ID:944568209

    「記憶を残したまま転生する術」失敗してんじゃねーか w
    そういう術があったとして、見た目も同じように産まれてくるって保証は無いよな。おっさんは納得してるんだとしても、そこを説明しないで「見た目が似てるから親(の生まれ変わり)」なんて話通る訳ないと思うが、そんなことも弁別できないで大企業の役員が務まるんだろうか

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2018/01/15(月) 09:10:26 ID:93fcaed2b

    これを読み始めてすぐ、このサイトにある「僕のお母さんですか?」という話を思い出した。

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2018/01/15(月) 16:55:31 ID:221fb5386

    記憶が戻ってないなら連絡しちゃだめじゃんw
    まあでも死ぬの怖いから信じたいな