第3618話 新聞配達してた時のお話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

398 :本当にあった怖い名無し:2018/06/23(土) 16:13:47.34 ID:b3QAZ4dr0.net[1/2]
新聞配達してた時のお話 其の壱

ホラかネタ話を良くする、知り合いのお爺ちゃんが居て、
「〇〇研究所の近くで宇宙人見たよ!」と言って、良く遊んでた
ある日、そのお爺ちゃんがいつも通りにホラ話をしてくれた
「疲れたままや、考え事をしながら配ると危ないぞ」てな
俺は事故の事だと思って「そうですね」と答えた
で、いつもの調子で話してたら
「昨日、いくら配っても終わらねえの…同じとこを何回も配ってる感覚で、
でも、気付いたら全部配っててー…時間もいつもより早くてさー」

「不着ないなら良かったじゃないですか」と言ったら
「うーん、まあそうだけど…」と言って、その話は終わった

399 :本当にあった怖い名無し:2018/06/23(土) 16:29:13.63 ID:b3QAZ4dr0.net[2/2]
新聞配達してた時のお話 其の弐

その1週間後くらいにお爺ちゃんは配達を辞めた、
20年近くやってたのに、いきなり飛んだ
理由を専業に聞いても「分からない」の一点張り、
配達やってる人なら分かるが、人の出入りが激しいので、
辞めたと聞いても驚くことはないと思うが、
俺はそのお爺ちゃんしか、話し相手が居ないので寂しがった
不審に思ったのは、そのお爺ちゃんの区域だけ何年経っても
誰も定着しなかったことだ、専業も配りたがらなくて理由も教えてくれない
確かに部数は結構多いが、俺の区域ほどじゃないし販売店から近い
臨配を雇ってたくらい(それも3か月とか)

とはいえ、自分の区域じゃないので、そのまま配達を続けてた、
何年かたって、自分も辞めるという時に古株の専業が教えてくれた
「あの〇〇あるだろ?あそこ配達すると何故か中々終わらないんだよ」と言ってきた
「ああ、〇〇さんも同じ事言ってましたよ?」と言うと、表情が変わり、
それ以上はこの事を教えてくれなかった、

そのお爺ちゃんが今どうしてるのか、全く分からず
専業とも疎遠になって情報交換はなくなりました。
よってオチ的なモノはなくてすいません、
どうしてこうなったか、分かる方や似たような体験をされた方は
出来ればご解説お願いいたします、ただの勘違いなら良いんだけど

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第3618話 新聞配達してた時のお話』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2018/06/25(月) 19:24:07 ID:4b445367f

    主が何年やってたのか知らないけど、「人の出入りが激しい」なら「誰も定着しなかった」区域あっても別に変じゃないと思うんだけど…

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2018/06/27(水) 07:07:27 ID:e84b46b48

    オレ、新聞配達歴20年だけど
    たま~に、いつも通りに配ってるんだけど
    なぜかやたらに早く配り終えるときがあるよ
    必死で早く配ったときよりはるかに早く終わるから不思議なんだよね
    あと、途中で自分がどこを配っているのかまるでわからなくなることがある
    数秒すると思い出せるんだけど、その間はパニックになる