第2627話 Y子の思い出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
787 :本当にあった怖い名無し:2012/01/21(土) 09:51:19.25 ID:5efLHkoC0
Y子の思い出1遠い昔、小学2年生の時に体験した実話。
夏休みのあと2学期がはじまり学校へ行くと、教室の窓際の机の上に花が置かれていた。
まだガキだった僕はその意味を知らず気にも留めなかったのだが、
家に帰ってその話をすると母が「夏休み中に誰か亡くなったのかな?可哀想に」という話。
翌日学校へ行くと、あの花はもう無くなっていて席にはY子が座っている。
「昨日、花無かった?」とさりげなく聞いても「知らない」という返事。
1学期から誰かが欠けていないかクラスの連中を見渡しても誰も欠けていなくて、
あの花は見間違いだったのかな?と思うようになった。
花の一件でY子と話す機会があったせいか、帰り際にY子から遊ぼうと誘ってくれて一緒に彼女の自宅へ行った。
彼女の自宅は小さな一軒家。家の中は誰もいなくて、まるで時が止まったかのように暗く静まり返っていて、
2人だけでテレビを見たりゲームしたり子供ながらの楽しい時間を過ごした。
女の子と上手く会話すら出来ない僕だったのだが、Y子とはなぜか気が合う感じがして、
放課後は、次の日も次の日も連日、彼女の家で遊ぶ日々が続いた。
そんなあるときY子が急に泣き出して、もうすぐ会えなくなるんだという。

788 :本当にあった怖い名無し:2012/01/21(土) 09:59:16.62 ID:5efLHkoC0
Y子の思い出2「引っ越すの?」と聞くと、しばらく考えて「うん」と消え去りそうな声で頷いてから
「これ、私だと思って大事にしてね」と花の形をした香りのいい消しゴムをくれた。
そして翌月、彼女は学校に来なくなった。
その日、運動会の模擬練習で器械体操をやっていた時に運動靴のヒモがぷっつりと切れた。
次の日も次の日もY子は学校に来なかった。
僕は彼女の家に行ってみることにした。
彼女の家は鍵がかかっていて誰もいない様子。「ごめんください」と何度も何度もしつこく覗いている僕に、
隣近所のおばさんが「そこはもう今は誰も住んでないよ」と話しかけてきた。
やっぱりもう引っ越してしまったのかなと思う僕に、おばさんが言うには
三人家族で、夏休み中に事故にあって両親ともにY子も亡くなったのだそうだ・・・
そんなはずはない!?気が動転して僕は何が何だか分からなくなった。

彼女が学校へ来なくなって運動靴のヒモがぷっつりと切れたあの日がちょうど事故から49日だったのである。
でも僕の手には、Y子に貰ったあの消しゴムがちゃんとある。
あのときY子は「ありがとう」と、さびしそうに僕に言った。
大人になった今も、引き出しにしまい込んだ、あの消しゴムを取り出して、
もう薄くなりかけている香を嗅ぐたびに彼女のことを思い出している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第2627話 Y子の思い出』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/23(月) 11:45:12 ID:fd4bf6c5b

    切ない;;

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/23(月) 11:52:06 ID:96fe5866d

    ネタだとはわかるけど切なかった。中ハラショウ

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/23(月) 14:44:53 ID:1cfa52699

    誰だ、コレに最初5点もつけたのは

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/23(月) 18:45:02 ID:17f750c36

    相変わらずハラショウのやつウザイ死ねって感じだけど悲しいはなし

  5. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/23(月) 20:38:56 ID:40c38ac30

    ↑ハラショウは確かに意味不明だけど、死ねはどうなの?稚拙過ぎる。空気悪くなるしやめなよ。この話は哀しいけど好きだなあ。

  6. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/23(月) 20:51:15 ID:ddf5fb121

    ハラショウ言い続けてる人、応援してるよ。

  7. 名前:名無し 投稿日:2012/01/23(月) 21:53:14 ID:b43087cea

    そのネタの根源は結局最初から最後まで知らないままだったな。さよならハラショウ。
    いい話だったね。その子だと思って消しゴムを大事にし続けてください。

  8. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/23(月) 22:43:53 ID:7951a9668

    いいじゃんハラショウ、ただのロシア語ブラボーなんだから

  9. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/24(火) 00:56:00 ID:12e5fb35f

    切ないなぁ(;_;)

  10. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/24(火) 15:02:29 ID:2d268e86c

    クラスメイトが亡くなったのに連絡網も黙祷も無しとは冷たい学校だな

  11. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/24(火) 16:11:51 ID:6e615601f

    良い話だけど、感動はしなかった

  12. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/27(金) 23:19:30 ID:0c73915e0

    話が起承転結きっちり綺麗にまとまりすぎてて創作っぽいけど
    それはさておき切なくていい話だね

  13. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/04/05(木) 00:45:05 ID:2aee39270

    ハラショーの奴はこのコメント書くことでマーキングしてるんだろ
    私がこれに目を通してサインしてやったみたいな
    どこかずれた自己顕示欲が感じられるのがうざったい

  14. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/05(火) 18:24:50 ID:b5edc2e2c

    そうかな?

  15. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/30(月) 23:02:42 ID:00fe48ed7

    787が学校でY子見たとき同級生のようすはどうだったのか気になる。
    あとハラショウの人、前の人とかんじが違う。名前欄入れてないし、感想の書き方が普通過ぎ。
    あと個人的には「ハラショー」のぼうがしっくりくる、ロシア語的な正しさは知らぬ。

  16. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/09/29(土) 16:20:53 ID:039b2ab90

    ホラーショウ

  17. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/05/30(木) 17:03:59 ID:b467bf631

    率直に言って、そういう点考えたらこの話はとても信じられないよね
    悪いけどね
    担任の先生から「お話」があったり、全校集会で校長が何か言ったりしないわけないものね
    他のクラスメートだって子供なんだから遠慮などせず話題にするだろうし

  18. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/09/07(土) 15:14:23 ID:b4b2ebbe5

    切なくていい話;泣ける

  19. 名前:たか 投稿日:2013/10/11(金) 02:04:14 ID:35f027eed

    ハラショって何?
    未だに意味わからんのだが・・・・

  20. 名前:原 翔 投稿日:2013/10/21(月) 01:05:31 ID:1a6ba66ad

    だろ?

  21. 名前:メビウス 投稿日:2014/04/17(木) 13:38:29 ID:8c63710a2

    だいたい学校が成って無いからな普通はその日の朝に校長が 全生徒の前で休み中誰々さんがこうゆう訳で亡くなりましたとか!挨拶するやろ クソッタレ学校の教師報酬やらんでえ〜で

  22. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2015/03/01(日) 20:41:10 ID:1f0b80b5d

    上のほう↑に書いてくれてる人がいるじゃん、ロシア語でブラボーの意

  23. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2015/03/02(月) 00:05:06 ID:bca5d364c

    なんでただブラボーとだけ書いていくのか意味分からんってことだろ
    どういうところを評価してるのか書いてもらわないとな

  24. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2015/03/02(月) 03:25:09 ID:6ef2263df

    まあコイツなりに

    「たいへんよくできました」

    っていう印を押して
    好評価しているつもりなんだろうよ、
    確かに何か小馬鹿にしているみたいで
    ムカつくけどな。

  25. 名前: 投稿日:2015/08/19(水) 16:18:13 ID:603406edd

    小学校の同級生が亡くなって、主の母が知らない訳無いよね