第2853話 真夜中のチャイム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
918 :本当にあった怖い名無し:2012/07/18(水) 07:52:47.26 ID:5c0XljCd0
祖母は97歳で亡くなったが、生前、町から遠く離れた山の中に、親類のお婆さんと2人で住んでいた。
ある日の深夜2時頃、玄関のチャイムが鳴るので出てみると、誰もいない。
変だなと思って寝ると、またチャイムが鳴り、玄関を開けるまで鳴りやまない。
チャイムは、明け方4時近くになってやっとおさまる。
これが何日も連続して続き、信心深い2人は、
「知り合いの誰かが訪ねて来たのに、家にあげないからチャイムを鳴らされるのだ」と考え、手料理や茶菓子を用意した。
そして、その晩チャイムが鳴ると、「どうぞおあがりください」とスリッパを出し、茶の間で目に見えない客を歓待したという。
それを境に夜中のチャイムはなくなり、家の中でもとくに変わったことは起きなかったそうだ。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第2853話 真夜中のチャイム』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/18(水) 11:15:09 ID:eeb480d49

    こういう「来客」って〝いいもん〟と〝わるいもん〟の区別付かなくて怖いと思う。
    今回たまたま良いものだっただけで、果たして本当に招き入れていいものなのか…。

    次はアナタの家に…

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/18(水) 12:49:23 ID:bd9130514

    こっちが勝手に相手を良いか悪いか判断するなんて失礼なことしたらなるもきにしいだらか

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/18(水) 14:46:50 ID:bb6d31fc1

    あんまり上げちゃいけない気もするけど…

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/18(水) 18:07:39 ID:c6d14dc58

    百鬼夜行抄みたい

  5. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/18(水) 22:02:05 ID:e11065746

    まあ、生きてる知り合いより死んでる知り合いの方が多いだろうからね

  6. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/18(水) 22:33:40 ID:dc98618dd

    信心の恐れ気のなさ

  7. 名前:名無し 投稿日:2012/07/19(木) 15:22:42 ID:665a8b49b

    親切すぎる…
    普通、不眠でイライラするとこなのに。

  8. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/21(土) 16:33:45 ID:f2248f3da

    これこわい

  9. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/22(日) 21:31:38 ID:67e9d8a3c

    何時だと思っておる、名乗りもせず要件を伝えもせず、人様の家に来るのであれば何者であろうと道理をわきまえよ

    と理路整然と説教くれてやったらどうなったんだろ。

  10. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/23(月) 23:25:12 ID:a63b482eb

    日本語壊れてるよ…

  11. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/28(土) 15:08:04 ID:15e0c3841

    クッソワロタwww

  12. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/08/03(金) 11:26:34 ID:ca079f4d2

    チャイムの電池抜いとけばいいんじゃね

  13. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/08/04(土) 22:18:09 ID:9b9dad278

    そこ笑うとこじゃないから、、、

  14. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/08/28(火) 06:25:12 ID:1f0b8784e

    形がないのが怖いよね……。
    うちも誰もいないのに明け方鳴りつづけたことあったけどマジ怖かった。

  15. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/08/11(日) 13:33:24 ID:b4b355cb1

    婆ちゃんズの強さw

  16. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/03/24(月) 18:07:36 ID:21eb238a5

    確かに上げてよいものかめっちゃ悩むな
    でも客人には神の如くせよ、とか言うしなぁ