第3442話 嫌な気配

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

264 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/10(木) 16:34:56.38 ID:dn7agqxj0.net
本人は認めてないけど、俺ら親族からみると霊感がある叔父さんがいて
俺らがガキだったころ叔父さんから
「自分以外の嫌な気配を感じたら、手前ぇのケツをパーンと叩きゃOK」って言われてた
なるべく強く、いい音が鳴るように叩くのがポイントらしい
パーン!よりスッパーン!が効くんだとか

で、その叔父さんは癌で死んじゃったんだけど
最後を看取った伯母さんが葬式が終わった後に話してたのが
叔父さんが危篤になる数時間前、スリッパで自分の腿を叩いてたらしい
でも、パーンという音じゃなくて、こう・・・、ペタン、スタンと気の抜けた感じ

痴呆では無かったしタイミングからして、まさかねぇ、とは思うけど

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第3442話 嫌な気配』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/03/10(木) 18:26:30 ID:3b63d7168

    「嫌な気配を感じたら」って、霊感認定を拒絶する人の言う事とは思えないな

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/04/11(月) 18:26:33 ID:31fedaa08

    叔父さん的には嫌な気配を感じるような気がするほど自分の気が弱ってるから
    ケツを叩いて気合を入れる、くらいの解釈だったんじゃないの

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/04/21(木) 19:17:33 ID:e50b09036

    いやなものがお迎えにきたの;?

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/05/08(日) 00:07:42 ID:1f7c76857

    ユートピア!

  5. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/08/18(木) 03:31:51 ID:e5915ecc6

    ビックリするほどユートピア簡易版