「 ドッペルゲンガー 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第770話 気持悪い偶然

923 :本当にあった怖い名無し :2006/03/16(木) 03:11:48 ID:HTYySD6r0 漏れも書いてイイ? ぶっちゃけこの半年以内のマジ話なんだけど… ある日、外出時に同じネタで気持悪い偶然が連続する少し変な日があったんだけど そんな日に家に帰ってみたら長時間停電したのか?…パソコンもテレビもビデオも エアコンも家電製品の...

NO IMAGE

第766話 ドッペルゲンガー(13)

633 :本当にあった怖い名無し :2006/03/06(月) 01:27:41 ID:v11qi8Rb0 本当にちょっとした体験ですが、忘れられないので書かせて下さい。 数年前の出来事。 授業中、といっても各自で作業をする、好きに動ける時間でした。 私が用事で職員室に行き教室に戻る途中、前から友人Aが来るのが見えました。 お互いの距離が近付いた...

NO IMAGE

第763話 ドッペルゲンガー(12)

579 :本当にあった怖い名無し :2006/03/03(金) 15:53:46 ID:uO/27W2sO 不可解な話あるよ ある日、家でテレビ見てると友人Aから電話が来た 話を要約すると、たった今、本屋で俺とすれ違って声を掛けたら 気が付かないで去っていかれた。ってな話 それは人違いだ、俺はずっと家にいた。 と説明して笑いながら電話を切った そ...

NO IMAGE

第757話 ドッペルゲンガー(11)

470 :本当にあった怖い名無し :2006/02/27(月) 04:18:51 ID:2KwmbcJB0 さっき起こった事なんだけどさ 親父が飲み会いってておかんそれの迎えいったのね で、結構時間たってから親父から電話があって おかん途中で居眠り運転の車とぶつかったらしいんだわ で、不思議な体験ってのは親父から電話くる前に おかんが俺の...

NO IMAGE

第736話 ドッペルゲンガー(10)

238 :本当にあった怖い名無し :2006/02/11(土) 14:36:26 ID:ErWT3kf/0 数年前の母の謎な体験。 (1/2) 私が学校から帰ってくると、 いきなり母がすごい勢いで台所から走ってきた。、 「あんたっ!どこ行ってたの!?心配したんだから!!」 と、いきなり怒ってますよって感じで聞いてきた。 もちろん私は学校から今...

NO IMAGE

第727話 ドッペルゲンガー(9)

67 :本当にあった怖い名無し :2006/02/04(土) 00:52:32 ID:kqA9kuyuO 誰もいない… 書き込むならイマノウチ… 何年か前の事。 当時仲良くしていたひよっこ女優さんに 「今度のお芝居、観に来てね(はぁと)」 と誘われた。 そのお芝居、ちいさな劇場で少人数でやるもので、 仕事というより趣味に近いものだった。 ...

NO IMAGE

第722話 ドッペルゲンガー(8)

978 :本当にあった怖い名無し :2006/01/30(月) 01:28:00 ID:+aCFWbZl0以前、職場の近くには、もう一人の"俺"がいた。2年ほど前のある日、20年来の付き合いの、当時は統轄部にいたO上司から電話。 「今朝はどうしたんだ?俺に挨拶も無しなのか?」 「今朝って、僕は早番で朝から仕事で。お会いしましたっけ?」 「えっ、朝、銀行...

NO IMAGE

第721話 ドッペルゲンガー(7)

958 :本当にあった怖い名無し :2006/01/29(日) 22:57:39 ID:TIQRfjtlO まとめサイト見てきて、興奮気味に思い出しつつカキコさせていただきます。 みなさんの体験に比べたら地味ですが… 高校生の頃、コンビニでバイトしていました。 それまで恥ずかしながら私は家出だの夜遊びだのと親に迷惑かけまくりでした …がバイ...

NO IMAGE

第707話 ドッペルゲンガー(6)

736 :本当にあった怖い名無し :2006/01/19(木) 01:01:18 ID:UojMJRJf0 今から10年程前の事ですが、当時俺が付き合っていた彼女を 自宅まで車で送り、帰宅して俺の自宅前に車を一旦置いて、 煙草をきらしていたので直ぐ側の自販機へ買いに行き揚々と して戻ると、袋小路となった自宅前に停めてある車と距離として 10m近づくと...

NO IMAGE

第702話 ドッペルゲンガー(5)

709 :本当にあった怖い名無し :2006/01/17(火) 20:50:36 ID:WivwjCSm0 小学生の頃。お正月だった。親戚の人たちが来てて 大人たちは酒がはいりみんな賑やかに茶の間で談笑してた。 俺は、トイレでようをたし茶の間に戻ろうと思ったが、奥の部屋の襖から 電気の明かりがもれていたので襖を開けたら祖母が畳にすわりながら 顔を下に...

スポンサーリンク