「 家 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第3072話 壊れていたはず

362 :本当にあった怖い名無し:2013/05/09(木) 18:10:53.28 ID:zuc4nwaN0昔からちょこちょこあることなんだけど、壊れていたはずの物がいつの間にか直ってることがよくある。 傘だったり鞄だったり色々なんだけど。 傘のときは大きい穴が開いててもう使えなくなってたんだけど、捨てようと思って久しぶりに開いてみたら穴はなくなってた...

NO IMAGE

第3015話 屋根裏の電気工事で

861 :本当にあった怖い名無し:2013/02/09(土) 02:20:21.00 ID:XmoeCXJP0電気工事で一軒家の屋根裏を覗いた時の事 押入れの上部のベニヤを外し頭を入れてライトで照らそうとしたら タッタッタッタッと何かがこっちに走って近ずく音がした ビビりの俺はヤバイと思って急いで押入れから出て屋根裏の開口部分をじっと見た なんか小動...

NO IMAGE

第2905話 地震!?

17 :本当にあった怖い名無し:2012/09/06(木) 20:58:16.83 ID:jLpXgrb1O10年前、自分の部屋のベッドで寝ながらマンガ読んでたのね。 そしたらスゲー地震。もうドアもガッタガタ揺れてる。身体起こせないレベル。 「こりゃ遂にきたな」と思う。 妹が隣の部屋から走ってきて、バタンってドア開けて、「なにがあったの!」って叫ぶ ...

NO IMAGE

第2896話 家鳴り(2)

771 :本当にあった怖い名無し:2012/09/01(土) 00:21:56.92 ID:IDRCTGEv0 家鳴りという一般的な話だけど我が家で合った話 築が古く、目の前が国道でトラックが通るたびに家がゆれるためか 軋みがひどく音で何処が鳴ったかわかるような状態だった。 このため昔から家鳴りで家がみしみし言うのは良くあることだったんだけど ...

NO IMAGE

第2865話 覗きこむ女

238 :本当にあった怖い名無し:2012/08/05(日) 11:16:45.65 ID:A3wwAjre0 大して怖い話でもないし、そもそも霊なのか何なのかすらもよくわからない。 長文になるが失礼させてもらいます。俺の家は戦争中に完成した、わりと古い部類に入る。 今、俺が使っている部屋、親父が使っていた部屋、そして祖父ちゃんが使っていた部屋は同じ。つ...

NO IMAGE

第2864話 座敷童

222 :本当にあった怖い名無し:2012/08/05(日) 04:14:39.88 ID:i+J6jJVq0数年前の話を一つ。かなり長文です。 大学4年の春休みに当時の彼女(現在は嫁)が車を購入。そこで俺、彼女のN、そして一つ下の後輩Yの3人で泊まりの旅行を計画。 桜のシーズンだったのでそれに見合った候補地をいくつか挙げていった所、Nの田舎が桜の名...

NO IMAGE

第2845話 以前住んでいた家

811 :本当にあった怖い名無し:2012/07/12(木) 10:50:27.63 ID:BwrQ/4DuO以前家にあったハサミが実家に移動していたって話を書いた者です。 現在はそのハサミと手帳が無いのですが、どうも実家から今は住んでいない家に移動したようなのです。 以前は帽子が実家から家に移動していて、現家主に頼み、実家に帽子を郵送して貰いました。 ...

NO IMAGE

第2836話 裏の窓の鍵

609 :本当にあった怖い名無し:2012/07/04(水) 10:23:29.37 ID:90ftrkSf0>>608 小学生の頃似たような体験した 当時いわゆる鍵っ子だったんだけど、鍵を忘れて学校に行ってしまった 帰宅しても当然玄関は鍵がかかってて入れない 裏や窓も全部試してみたけど、全てに鍵がかかってた 「この窓さえ開けば家に...

NO IMAGE

第2817話 事故物件?

378 :本当にあった怖い名無し:2012/06/23(土) 20:57:15.82 ID:0oDzfDXO0ガキの頃、朝起きたら、火の気がない和室の押入の襖が、下30cmぐらい焼けていたことがあった。 焼けているというより、襖の上紙一枚だけが「炙られてめくれてる」というカンジで、下から古文書みたいな筆文字がのぞいていた。 その家は、家を建て替えるあいだ...

NO IMAGE

第2744話 音を立てる雨戸

697 :本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 09:03:36.68 ID:NKEBU4r30俺がガキのころに同居していたオバサンが亡くなった。そのオバサンは大変俺の事を可愛がってくれた人だったんだが 遠くに引っ越してしまい亡くなる前はめったに会えなくなっていた。もう結構な年齢だったので亡くなったのは仕方がないと思った。 で、家が遠いもん...

スポンサーリンク