「 スレッド別作品選 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第3595話 集合写真

76 :本当にあった怖い名無し:2018/01/08(月) 16:22:32.27 ID:NUc3GYfv0.net 暇でenigmaスレのまとめサイト見てたら原爆の地域云々の話があって、それで大学の友人から聞いた話を一点思い出したので投下。 友人の高校での話。 その高校は修学旅行で沖縄に行ったらしく、だいたいどこの学校でもありがちな戦時中の体験者...

NO IMAGE

第3594話 新聞記事

831 :本当にあった怖い名無し:2017/12/18(月) 21:51:37.93 ID:Fg5jFzQb0.net これは小学生の時の話なんだが、ある日俺はふと新聞を読んだんだ。 いつもはあまり読まない、読んで週に一回くらいだったんだが、なぜか新聞を読みたいと思って読んでみた。 すると俺はとある記事に目がいった。 それは社会面あたりのごく...

NO IMAGE

第3593話 車いすの二人組

819 :本当にあった怖い名無し:2017/12/17(日) 09:31:10.25 ID:RuF5fKt90.net 出張したときのこと 宿泊先のホテルにインして同僚と晩飯を食おうとなった。 どこに行けばいいか分からず、隣の高層ビルの最上階レストランに行こうとなった。 高層階用エレベーターで最上階に着いてみると、前に車いすの老婆と押してる中年女性が...

NO IMAGE

第3592話 飛行機の隣の席の美女

809 :本当にあった怖い名無し:2017/12/17(日) 00:19:57.88 ID:pR0zD/5y0.net >>803読んで思い出したけど英国の飛行機に乗ってた時、隣の席にモデルみたいな欧州の 美女が座ってた。美女は耳たぶが銀色(歯の詰め物みたいな・・・被せてるみたいな)で 左手の親指先第一関節まで銀色になってて、左右の眼の色が...

NO IMAGE

第3591話 公衆電話ボックス

803 :本当にあった怖い名無し:2017/12/16(土) 18:49:19.26 ID:lJqvNIpa0.net 隣町のローカル事件なんだけど、とある駅前の公衆電話ボックスが撤去する事が決まって 中の電話機は局が早々に引き取りに来てボックスだけになってた。しばらくそんな状態だか ら、子供の遊び場になってしまい危ないからと鎖でグルグル巻きにされて誰...

NO IMAGE

第3590話 30年後のお迎え

799 :本当にあった怖い名無し:2017/12/16(土) 01:04:32.97 ID:tRU2MNMP0.net 言った通りの日に死ぬ、といえば自分にも経験ある 幼い頃、母が事故で緊急搬送された 面会謝絶なんだけど、母の顔をひと目見たくて、こっそり病室に入ったんだ そしたら機械をたくさんつけられて、ベッドに横たわる母の身体の上に、亡くなった...

NO IMAGE

第3589話 近所のじいちゃん

796 :本当にあった怖い名無し:2017/12/15(金) 21:40:08.87 ID:3wyetZKL0.net 嘘か本当か知らんけど多分嘘だろう話 長くて書き込めなかったので二つに分けます 小学校低学年の時によく遊んでくれてたじいちゃん(親戚とかじゃなくて近所の人)の家によく行ってたんだけど、ある日妖怪人間ベムの再放送見てた時に何故か天国と...

NO IMAGE

第3588話 獣道

722 :本当にあった怖い名無し:2017/12/06(水) 11:51:42.81 ID:qz06VPYl0.net ド田舎の大学に通っていた頃、友人Aが週末の夜にやってきた 面白い所見つけたから車で出かけよう、ただし4人で4台とのこと 最初は意味が分からなかったが、Aがやたらwktkしてたのと着いてからのお楽しみということだった どうせヒマだった...

NO IMAGE

第3587話 授かり様

668 :本当にあった怖い名無し:2017/11/27(月) 23:08:01.57 ID:XN0awRaT0.net 私は母の地元では授かり様と呼ばれている。 私の母の実家はお寺で、三歳くらいまでは母の実家で暮らしてた。 うちのお寺は癇の虫まじないがよく効くと評判で小さな子をつれた家族がよくくる。 当時年頃が近い一歳ちょっとの私を祖母が檀家さん...

NO IMAGE

第3586話 いつもは存在しない建物

76 :名無しさん@おーぷん :sage :2017/11/25(土)15:20:11 ID:yZd 一昨日の祝日、15時すぎ、通勤に使ういつもの道路を用事があって走っていた。 高架橋だからちょっと高いところを走るから向こうの山までずーっと景色がみえるの。 ふと左前に目をやると、遠くにやたらでかい学校みたいな建物が見えた。横長の肌色で、窓がいっぱいあっ...

スポンサーリンク