「 Part14 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第315話 白いもの3

851 :1/2 :03/07/04 21:41白いクネクネの話を読んで思い出した小学生の頃、社会科見学でどこかの石切り場に行ったんだけど 見学中いきなり同じ班だった奴の一人が急に 『ヒヒヒヒヒ・・・』 って小さく笑い声の様なの様な泣いてる様な声上げて その後、泡吹いて倒れてちゃってさ、 元々体の弱い奴だったから、また発作だなぁ~程度に考えてた ...

NO IMAGE

第314話 遠慮する守護霊

840 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/04 16:23高校の頃友達と朝釣りに行った 行く途中友達が山の方見ながら火の玉が見えると言い出した おれには見えない 嘘とは思えないので一応塩を取りに引き返す事になった その途中横断歩道で左右確認してると友達の顔が目に入ったなんか見たらしく恐怖で顔が引きつってる その時おれにも友達が何を見...

NO IMAGE

第313話 琵琶

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/01 17:39 子供の頃住んでた借家。 毎月晦日になると、夜の九時過ぎから天井裏から音がした。 なにかが動いているのだがいつも聞こえていたねずみの走る音とは違ってもっと大きななにかが動いてた。 父親が調べたことがあったがなにも見つけられなかった。 結局、実害もないことだしほおっておいた。 私が高校...

NO IMAGE

第312話 腕(1)

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/27 17:38 小学生のころ、私はよく祖父母の家に遊びに行っていた。 家の近所には貯水槽があった。 安全のため鉄格子で蓋をしてあり、その上からさらに金網をかぶせてある。 鉄格子も金網も赤茶色く錆びていて、 溜まっている水も暗く濁っており、縁には藻類が繁茂している。 背後にはすぐ雑木林が茂っていて、...

NO IMAGE

第311話 青い手首

497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/26 03:27 ネタではありません、実際の体験談です。長いんでウザイ方はスルーしてください。 世田谷区立某小学校での出来事 入学して1年は戦前から有る古い木造校舎で過ごしました。 2年生になって木造校舎建て替えで自分のクラスだけが 他の校舎と離れた体育館脇のプレハブの仮校舎で勉強することになりま...

NO IMAGE

第310話 トンネルの穴

376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/24 21:12 友人の車に便乗して峠へ出かけた。 真夜中いくつかのトンネルを通り過ぎる。 その一つにちょうど大人の頭の高さくらいに四角い穴が並んでいるものがあった。 友人が変な声を出す。 野良着のようなものを着た痩せた男がその穴深く頭をつっこんで、じっと立っていた。 車が近づいても身じろぎもしない...

NO IMAGE

第309話 夢の男の子

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/23 23:02 昔、なんか変な夢を見た。 なんか自分は、なにもない、真っ白な空間みたいなところにいるのね。 そしたら、学生服の夏服(自分の学校のじゃなかった。)着た男の子?が なんか、縄跳びしながらこっちくるの。 それで、私の真横を、私をじっと見ながら通り過ぎていくの。 それが、延々と続いていくの...

NO IMAGE

第308話 黒い天井

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/22 19:32 金縛りはちょくちょく経験してた厨房のころの話。 夜なかなか寝付けなくて、なんとなくぼぉーっと天井見てた。 部屋の電気は消してるけど、部屋のデカイ窓のおかげで 真っ暗闇にもならず、なんとなく天井の木目なんかを見てた。 そして、いきなり真っ黒になった。 今まで木目が見えてたはずの天井が...

NO IMAGE

第307話 白いもの2

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/22 15:28洒落にならないくらい怖い話スレに書き込むべきか迷ったけどこっちに。 小さい頃、両親と東北に旅行した時泊まった民宿の窓から妙なものを見た。 最近になってテレビでゴム男の話を見て、ああ、あの時見たのはコレかなぁと 思ったんだが…ずっと遠くの波の上でくねくねしている白い何か。 ガキ...

NO IMAGE

第306話 煙草

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/22 10:38子供の頃、田舎のおじいちゃんの家で、ひと夏過ごした事がある。 ある日、沢までわさびを取りに山の奥までおじいちゃんと行った時のこと。 町の人がその場所まで分け入った細い道が出来ている。 季節は夏で、青々とした雑草やらシダやらが、その細い道を覆っているが 踏み込んだ後が見える道だ...

スポンサーリンク