「 Part28 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第642話 姉の話

976 :本当にあった怖い名無し :2005/10/23(日) 13:36:14 ID:lUbIA6Zf0 長くなりますが、聞いてもらえまでしょうか?? 姉の話なんですが、姉は先週仕事場で仲良くしている 20代の女の子の父親が亡くなったそうで、亡くなる以前は1度だけ仕事場に 顔を出してくれたことがあり、(パン屋です)その時姉は軽く会話を交わしたそうです...

NO IMAGE

第641話 はねるもの

939 :本当にあった怖い名無し :2005/10/22(土) 19:04:50 ID:AUcwRFGP0 本来書きたかった事をかきます。 俺の疑問に答えてくれ 最初にいうと、こういう会話できるところがあったのを初めて知った次第。 一番小さい記憶に残っているのは 多分小学校1、2年の頃に学校の帰り道で 2車線の道路の歩道を歩いてテクテク学校から...

NO IMAGE

第640話 合わせ鏡

934 :本当にあった怖い名無し :2005/10/22(土) 15:46:11 ID:NWaVseeY0 先輩の話。 友達何人かでスキーに行った。 安いツアーだったので、宿も合宿所みたいなつくりで洗面室があり その洗面室は合わせ鏡になってて気持ちいいものではなかった。 夜みんなで酒盛りしていて、先輩が洗面室にコップを洗いに行った。 水でジャバ...

NO IMAGE

第639話 昔ばーちゃんから聞いた話

931 :本当にあった怖い名無し :2005/10/22(土) 11:34:10 ID:VjYZZPsx0昔ばーちゃんから聞いた話を一つ。 第二次世界大戦中うちのばーちゃん(サノ)が10歳のころお姉さんと 避難のために親元を離れ田舎の遠い親戚の家に預けられていた。しか しこの村にも爆弾が落とされたくさんの人が死に親戚の人も亡くなっ てしまった。サノと...

NO IMAGE

第638話 予知夢

882 :本当にあった怖い名無し :2005/10/20(木) 13:14:10 ID:VVE5Q6/u0 前に書き込みあったけどさデジャヴの人、俺もあるんだよそーゆーの デジャヴじゃなくて予知夢なんだけどね。でも中途半端な能力で使えねぇ んだわ、いつ起こる出来事か分かんないし過去の夢のときもある、ただの 夢とも混ざっちゃうから信用出来ない、見たい物が...

NO IMAGE

第637話 ベンチに座る老人

865 :本当にあった怖い名無し :2005/10/19(水) 13:14:22 ID:6CiallVL0今年の夏の話です。 雨がよく降る火曜日、その日は代休で久々に平日をゆっくり過ごしていた。 妻はパート、子供達は学校、久しぶりの一人の時間に何をしていいやら解らず取 りあえず外へ出てみた、家の前を一人の老人が横切って行った。 それを見たとたん車で出...

NO IMAGE

第636話 矢傷

763 :本当にあった怖い名無し :2005/10/15(土) 23:13:46 ID:diRPqT2A0 不可解、と言っていいかどうか分からないんだけど…。 面白いかどうかわかんないけど俺の体験。 物心ついたころから十八歳くらいまで、大体月、2、3回くらいで 全身にものすごい痛みが襲ってくることがあった。 その痛み、なんつうんだろうな。全身が内...

NO IMAGE

第635話 「じゅうさん」

759 :本当にあった怖い名無し :2005/10/15(土) 20:26:11 ID:f+09FYrP0 小学生の頃の夏休みの体験。 その夜は両親が何かの用事でいなくって、一人でぼーっとテレビを見てた。 そんで、9時過ぎくらいだったか、友達から電話があって、肝試しに誘われた。 舞台は学校。七不思議だかなんだかを暴こうぜ、みたいなかんじで、 リアル消...

NO IMAGE

第634話 ある城下町にて

757 :本当にあった怖い名無し :2005/10/15(土) 18:28:47 ID:qVhmWIJo0 ちょうど5年前の今頃私は化粧品の販売営業をしていました、決められた地区 を一軒一軒回ると言うとても面倒な仕事です。ある城下町の担当の人が寿退職 し私がしばらくの間その町も受け持つ事になり嫌々その町に行っていました。 そこは昔ながらの家が建ち並び、...

NO IMAGE

第633話 墓場の宴会

723 :本当にあった怖い名無し :2005/10/13(木) 13:51:44 ID:9/ahxwlzO 小さい頃婆さんの家系の墓参りに行った。 広い墓地で、わが家で決めた目印は「樫の木を曲がって三番目の墓」だった。 その年も樫の木を曲がって三番目の墓に行ったんだが、樫の木の下で数人のオヤジ達が 茣蓙を広げて宴会をしていた。当時幼かった私は不思議に思...

スポンサーリンク