「 Part71 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第2373話 夏休みのプール帰り

274 :本当にあった怖い名無し:2011/07/10(日) 21:47:43.31 ID:EnbWWptw0小学5年の夏休みのプール帰り。交差点を渡る時に3人組の小学3位の女の子が向こうから渡って来た。当時にしては異質な服装でお洒落な感じ。 私を見てクスクス笑っていた。すれ違う時に「お母さんの子供の時よ」って声が聞こえた。 白昼夢だったのかな ...

NO IMAGE

第2372話 奇妙な偶然(2)

257 :本当にあった怖い名無し:2011/07/10(日) 08:27:04.43 ID:WjTwssKoO短大生の頃、通学の電車で毎日見かける男子校生がいた。 数年後、私は地元で就職したが、その数年後 どこかで見かけたことがある男性が入社してきた。 電車で見かけた男子校生だった。 それから数年たち、私は結婚して他地方(日本の端から日本の真ん中へ)...

NO IMAGE

第2371話 エレベーターのパネル

215 :本当にあった怖い名無し:2011/07/09(土) 23:15:13.45 ID:1MuF0RSgO長いです。二年前に住んでたマンションでの話し。 初めての独り暮らしで、不動産屋とかCMがバンバン流れている場所しか知らなかったんだけど、おやすみプンプンに出てくるような古い不動産で借りた物件に住む事にした。そこは1Fがクリーニング屋で、そのビルを無...

NO IMAGE

第2370話 もう一回

184 :本当にあった怖い名無し:2011/07/09(土) 01:21:00.87 ID:kqWzm2JN0数年前の話。 私の父が亡くなってからずっと後悔してた。 あの日、仕事に行くのを止めれてたらって。 そしたらある日、夢で「もう一回」て聞こえた。 ふと目が覚めて時計を見るとまだ朝6時。 珍しく早起きしたなって思いながらリビング行ったら、 仕...

NO IMAGE

第2369話 予知夢(7)

179 :本当にあった怖い名無し:2011/07/08(金) 23:25:36.86 ID:IDCyrrsa0極希に予知夢をみる。 内容は日常(夢を見た日からさほど遠くない日)のヒトコマ、 五秒にも満たない長さなんだ。 例:仲の良い友達と高校の教室で喋っている。 私を含めた五人は机やイスに座っている。 私.「それでジャガイモがね」 と言う。 夢...

NO IMAGE

第2368話 黒いモヤモヤ(2)

172 :本当にあった怖い名無し:2011/07/08(金) 21:19:05.13 ID:h/mhZUBI0今日の午前2時ころの話です ベットの上で中々眠れずに居て、じっと目を瞑っていたのですが、突然頭の中にやけに鮮明でカオスなイメージが浮かんできたと思ったら 急に地震の時みたいな揺れを感じました。 揺れは小さかったのですが、結構長い間揺れてるような...

NO IMAGE

第2367話 雲の上の何か

136 :本当にあった怖い名無し:2011/07/07(木) 20:40:53.05 ID:AIVLvPoUO昔体験した謎な話投下。 散歩途中、夕日で赤く染まった空をぼんやりと眺めていたら、 雲の上を何かが動くのが見える。 目を凝らすと黒い人型のものが二つ確認できた。 はじめ鳥かなにかの見間違いかと思えた。 でもその人型は雲の上に物理的に立って...

NO IMAGE

第2366話 祖父の遺影(2)

42 :本当にあった怖い名無し:2011/07/05(火) 17:07:05.15 ID:SgKMkM0s0 私が中学生のときに、父方の祖母宅に泊まったときの話。 祖父は父が高校生のときに亡くなっていて、 私が2歳のとき父の仕事の都合で家族が引っ越してからは 祖母はずっと一人暮らしだった。 それからは1、2ヶ月に一度は家族で顔を見せに行って 祖...

NO IMAGE

第2365話 俺の住んでるトコ

31 :本当にあった怖い名無し:2011/07/05(火) 11:42:01.64 ID:078uF4ob0 俺の住んでるトコ、ちょっとヤバいんだけど。 通りに近づいた瞬間、空気が違う気がする。 この前は、ばーさんに『おはようございます』って(言わないとうるさいんで)言ったら、 ばーさんが消えた。 小学生の防犯ベルの音がうるさいな~って一応、外覗いた...

NO IMAGE

第2364話 父の魂

23 :本当にあった怖い名無し:2011/07/05(火) 04:10:08.00 ID:Fg5PSQsI0 俺が4歳のとき父親が亡くなった 家の和室?に父の棺桶が置いてあり親戚や知人などがその夜訪れたが当時の自分はまだ押さなかったため自分の父親が死んだという意味がよくわからなかった その時、父親の体からもう一つに別れたような半透明の物がスッと抜けて消え...

スポンサーリンク