「 Part8 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第220話 青い世界

961 :ブル ◆5EJ71eKlNQ :02/12/17 00:23 朝起きたら、青く光るカーテンみたいな 物が、世の中を覆っていてその日は、不思議な 気持ちとすがすがしさがありました。 そんな経験した人居ますか? 968 :ブル ◆5EJ71eKlNQ :02/12/17 00:40 >>966 小学生の1年か2年の頃...

NO IMAGE

第219話 亀甲

928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/16 20:22 すごく不思議な体験をしたことがあります。実話です。 三年前の夏の夜、京都の宝ヶ池公園という場所で、当時のバイト仲間たちと 飲み会をしていたんです。イイ感じに酔っ払った私は、友達のバイクを借りて 無免許なのに池のまわりをぐるぐる走ってました。 すると、ふとした拍子に道...

NO IMAGE

第218話 サンシャイン60で

916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/16 01:01 サンシャイン60で知らない人に連れられて4階に行った事がある。 そこにはなんとひろびろとした安いセルフサービスの食堂が・・・。 もう一度そこにいこうとしても、どうたどっても、いけないの。 どこにあるんだろう。ただたんに道をしらないだけか。これは。

NO IMAGE

第217話 童歌

834 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/12 08:32 家のあたりでは「しの、うの、しんの、みの、まの、みの、…」という童歌で日暮れ以降遊んでいると神隠しにあう、らしい。

NO IMAGE

第216話 終わりなき旅

830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/12 03:32 ぼくねミスチルすきだったんですよ。それでディスカバリーってアルバム をある日聞いてたんですね。その中のシングルにもなった終わりなき旅を 聞いてたんです。はじめは聞くとも聞かないともって感じでいたんだけど 次の瞬間ものすごい気持ち悪い感じがしたんです。それでこれはなんなんだ ...

NO IMAGE

第215話 変な空間

823 :817 :02/12/11 22:14 >>818~822 たいへん失礼致しました。お詫びにこの話を。 友達の家に手応えのある変な空間がありました。 何も無いところで手をふると、そこだけスローになる。 それは空中に留まっており、撫で回してみたらバスケットボールぐらいでした。 彼はそのことに触れて欲しくないようでしたので、そこで終わりで...

NO IMAGE

第214話 神の声

783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/09 21:41 自分の声を借りて、なにかを告げるような体験が多い。 免許取立ての頃、毎日走り回っていた。親に買ってもらった新車が うれしくてね。ある夜、友人のところにいった。「これから遊びにいこうぜ」と友人。 その頃の俺は運転できれば嬉しかったので、いつもなら「よっしゃ、行こう」...

NO IMAGE

第213話 身体感覚

730 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/08 23:17 中学生くらいの時までよく感じてた不可解な感覚。 朝起きると身体感覚がズレてる。 「あれ?私の腕はこんなに細くなかったはず」 手のひらも足ももっと大きかったような気がしてならない。 (実際の私は極めて標準的な体型だったと思う) 起きてしばらくするとそういう違和感は消えるんだ...

NO IMAGE

第212話 似ている人

653 :kimyou :02/12/07 11:35 奇妙な話ネ 2年程前、昔のアルバム開いてると 自分に似ている人が昔の自分(5歳頃)と一緒に写ってました― 母に聞くと「あんたに似てるね、誰だったっけこの人?」と 全く覚えてない様子 最近までこの事忘れてたんですネ ですが、家族で旅行に言った時に秋吉洞で写真を撮ったんスよ その時に写りこんで...

NO IMAGE

第211話 ピンポン

604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/05 23:48 面白くないが1つ  小学生の頃、あのころはまだ土曜日の午前中授業がある頃です。 土曜日の午前中の授業を終えて家に帰宅しました。当時は「鍵は無くすから」といった理由で 持たせてもらえなかったので、家のピンポンを鳴らして親に鍵を開けてもらっていました。 その日、いつもと同じ...

スポンサーリンク