「 Part87 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第3069話 瞬間移動?

878 :本当にあった怖い名無し:2013/04/14(日) 17:38:50.80 ID:ETQrLCJ8O細かい状況は省くけど、とにかくド田舎の工事現場近くで片側一車線の道路があったと思ってくれ →A B← で、自分はBの車線の中央線寄りの位置に立ってたんだ それでAの車線に左から黒いbBが来たからBの車線の外(↓方向)に避けようとしたんだけど ...

NO IMAGE

第3068話 夜行列車のおじいさん

869 :本当にあった怖い名無し:2013/04/13(土) 22:49:44.69 ID:2ZQRvptJ05~6年前、出張で松江に行ったときのこと。 昔からブルートレインに乗ってみたいと思っていたので東京駅から夜行列車に乗った。 乗ったのはB寝台車で他の客とカーテンだけで区切るというもの。 隣や上段にどんな人が来るのか少し興味があった。来たのは隣だ...

NO IMAGE

第3067話 父の声

737 :本当にあった怖い名無し:2013/04/08(月) 02:50:26.58 ID:eSTeXPQOO寝れないから書きため無いけどダラダラ書く。 半年前に父が事故死した。葬式には祖父母が行った。俺は父の非嫡出子ってやつで、父方祖父母の養子。祖父母はいわゆるエネ親?ってやつで、父とは事実上絶縁状態。でも、俺はその祖父母に引き取られた。父とは3度、...

NO IMAGE

第3066話 朱色の鳥居

716 :本当にあった怖い名無し:2013/04/07(日) 21:02:09.88 ID:IzY6W2mL0とある山中の渓谷沿いを流していた時の事 対岸側の森の中にに大きな朱色の鳥居が見えた。 ここからすらこんなに見えるて、どんだけでかい鳥居なんだよwww 木より高いのか?www どうやって立ってんだ?根元みてぇwww 綺麗な朱色だけど最近作...

NO IMAGE

第3065話 父が居る病室

670 :本当にあった怖い名無し:2013/04/05(金) 14:42:02.63 ID:pRY+7sbZI自分の体験 まだ修学前だったのは覚えている 父が大事故にあった 40日ほど意識不明で生死をさまよい植物状態になるかもって周囲の大人は覚悟してたらしい しかし奇跡が起きて父は意識が戻ったんだ 幼かったのでよく覚えてないけど後から聞いたら医...

NO IMAGE

第3064話 森の中の変な空間

643 :本当にあった怖い名無し:2013/04/03(水) 22:37:54.01 ID:R0VXw/v/0昔住んでた家の近くの河川敷に公園があって、そこに森みたいなのがあった。 その森に分け入っていくと、異常に暗い空間が何カ所かあって、よくそこで遊んでた。 そこだけ切り取ったように暗くなってて、木々に光を遮られてるとかじゃなくて 本当になんかもやっ...

NO IMAGE

第3063話 母親の腕時計

630 :本当にあった怖い名無し:2013/04/02(火) 18:50:12.27 ID:vphQcrTU0可能性は低いけど、多分たまたまだったんだろうなー、でも不思議だった昨日の話し。 母親の腕時計の電池がなくなった?って事で電池を入れにいった。 でも電池を入れても、壊れたみたいで止まったままだった。 それから半年ずっと見えるところに置いてあっ...

NO IMAGE

第3062話 水音

629 :本当にあった怖い名無し:2013/04/02(火) 16:35:39.45 ID:TMaLAub+0夜、寝ようと布団に入って横になった。 チャプチャプ水に浸ってる感触がした。 浅瀬か、足湯のようなとこで横になって、あるいはプールに浮かんでるかのように、耳や頬の辺りで水音がしていた。 起きると、水音は消える。 もちろん、床上浸水なんてこと...

NO IMAGE

第3061話 深夜の高速バス

624 :本当にあった怖い名無し:2013/04/02(火) 00:33:27.83 ID:hBl8tnHX0バスの運転手をしていて、その日は東京から京都まで夜行便の運転だった。 運転手は2人で途中で交代をする。深夜の高速をひた走っていると前方にバスを見つけた。 バスは一般道を走る路線バスタイプで、高速を走る観光バスタイプではなかった。 おっ!路線タイ...

NO IMAGE

第3060話 犬神憑き

594 :本当にあった怖い名無し:2013/03/28(木) 12:35:46.62 ID:uzG+K0Z/0ばあちゃんは四国の山奥に住んでた。 ばあちゃんが若い頃、地区の運動会で大活躍をしてたら、いきなり左膝が痛く なって、みるみる腫れ上がって動けなくなった。 こけたり、ぶつけたりもしていないのに。 医者に診せても原因分からず。 わざわざ山を下り...

スポンサーリンク