スポンサーリンク
NO IMAGE

第110話 黒い人影

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/29 01:38 よく金縛りにあうのだが、この前のはやばかった。 キタっと思って必死に起きようとがんばった。いつもなら体ごと ガバっと起きるのだが、この前のは、起きた瞬間にヤバイ抜けた とわかった。そこは現実の世界似ているようで似ていない 白黒写真が黄ばんだような、不思議な世界だった。何...

NO IMAGE

第109話 黒いどろどろ

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/29 01:26  この間ずっと忘れていた事を思い出しました。  前後関係は全く判らないのですけど子供の頃住んでいた小さな町で、 他の子供五人くらいと何処かの家の壁に、 ぎゅーっと掌を押し付けているんです。 で、そうしているといきなりずぼっと音がして、 私達が手を当てて...

NO IMAGE

第108話 開き戸

469 :202 :02/06/28 16:42 弟の不思議な話 もう20年ほど前の事。 弟は父方の実家で「かくれんぼう」をしておりました。 2階立ちの日本家屋で、2階部分は使っていない部屋ばかりで、 2階全体が子供の遊び場のようなものでした。 弟はその時、2階廊下の突き当たりの開き戸に隠れたそうです。 絶対に隠れ...

NO IMAGE

第107話 話し声

453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/27 16:32 不思議体験 寝ていたら外が凄く騒がしくなって目がさめた ウチは住宅街なので、夜中にそんなにうるさくなる事はないんだけど、 100M先に居酒屋があった そこは、住宅街って事に気を使ってか11時で終わる居酒屋だった なので、そこの客が騒いでいるとは考えにくかった 「...

NO IMAGE

第106話 茶器

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/27 13:46 高校時代、苛めに合い、登校拒否を繰り返していました。 心配した母が占い師に見てもらったらしく、 ある日、「占い師の人に見てもらったんだけど○○(私の名前)はもっと明るくすると人生が良くなるみたいだよ」 と言うようなことを言って来ました。 それを聞いて憤った私...

NO IMAGE

第105話 縁側に

428 :さくら  :02/06/26 20:35 入ってもいいですか ? 私が小学校のときのことなんですが、 夏に田舎のおばさんの家に遊びに行って、ふと、目が覚めたんです。 それで、水が飲みたくなって、台所に行ったら台所の水場の前の窓ガラスが空いていて、 外を見たら、ちょうど向かいに隣家の縁側が見えるんです。 そうすると、縁側の上に、何か白い、長...

NO IMAGE

第104話 トイレ

345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/24 00:20 去年の夏か秋口ころの話し。 ウチは4人家族。父は会社、弟は部活で夜遅くまで帰らない。 夕方、晩ご飯の材料の買出しに母と私のふたりでスーパーへ。 買い物を終え、家に帰ると父が帰宅していた。 父は帰ってきた私と母、というより母を見て驚いたような顔をしました。 「どうしたの?」...

NO IMAGE

第103話 先輩

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 23:48 大学に入ってすぐだから、6年程前の夏 不可解と言うか、いまだに謎な体験をした事はあります。 僕自身某コンビニでバイトしてたんですが、 シフトに入るはずの先輩が出てこない。 当時、携帯はあまり普及してなくて先輩と連絡が取れない状況。 おそらく、寝てるんじゃないのか、とい...

NO IMAGE

第102話 ひな祭り

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 21:10 -父親から聞いた話- 私の父の実家は兵庫の山奥。段々畑の町。 古い家なので、厠は外にありました。 その日は3月3日雛祭り。 当時10才位の父が家族皆の夕食後、厠へ行こうと席を立ちました。 厠のある外に行くには畳の部屋(客間)の前を通らなければなりませんでし...

NO IMAGE

第101話 泉の広場

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/06/21 10:59 三年近く前、泉の広場のところで、ヘンな女がうろついていた。 通勤の帰りによく見かけた。 三十前後で、赤い色のデザイン古そなドレスっぽい服着てて、小柄で、 顔色悪く目がうつろ。髪は背中近くまであって、伸ばしっぱなしに見えた。 目立つ服の色となんか独特の雰囲気があって目がい...

スポンサーリンク