第791話 指を挟む外扉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
843 :本当にあった怖い名無し[sage] :2006/05/05(金) 18:33:49 ID:C8aXfqAx0
自分の生まれた近所に、玄関の外に大きな鉄製の外扉がある家があったんだが、
その扉がやたらでかくて、子供の身から見ると「刑務所の扉」ってイメージだった。
ある日、そこの4歳の娘が、勢いよく閉まった外扉から逃げられず、はさまって指を一本切り落とされた。
気絶した娘と指は病院に運ばれ、うまくくっついたと聞き、ご近所一同安心していたら
数ヶ月後、そこの小学校に入ったばかりの息子が、同じ指をはさんて落とした。
今度はいろいろ条件が悪くて、くっついたが元通りには動かないと聞いた。
さらにその年の内に、そこに来た大人の客が、やはり指を挟んで落とした。
こっちは、うまくくっついたのかどうか聞いてない。
それはもう何年も前の事なのだが、実は今だにこの家の外扉にはよく人が指をはさむ。
それでも、現在でも取り替えられずそのままである。不可解。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第791話 指を挟む外扉』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/11(木) 23:42:00 ID:4b32ca5e6

    悪趣味な扉を取り替えない家の人が不可解

  2. 名前:あさ 投稿日:2012/04/09(月) 05:18:11 ID:c94718885

    気持ち悪い話

  3. 名前:名無し 投稿日:2014/06/01(日) 02:50:48 ID:8809a7e75

    厚みのある扉に挟まれたら、切れるより潰れそうなものだが。