第1206話 祖父への電話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
390 :本当にあった怖い名無し[sage] :2008/08/22(金) 12:47:06 ID:tPGI7ggr0
ある日、帰宅のバスに乗ってて窓から外を見ていると祖父を見かけたので、
無理に降ろしてもらった。家からはだいぶ離れた場所だった。
祖父は俺を見るなり「無事かあ、よかった……」と言って倒れ込んだ。
とりあえず近くのバス停(国道沿いで他に何もない)で座って話を聞いたら、
「小屋で作業(DIYの類)してたら電話かかってきたから出た。
おまえが涙声で、おじいちゃん、おじいちゃんと言って電話切れたんだよ。
だから誰かにさらわれたかと思って探しに来た」と言われた。
どうやら、2時間近くもうろうろと歩き続けたらしい。びっこ引いて。
俺は「それ悪戯電話か間違いだよ。脚悪いのにありがとう」と言った。30分後に来るバスを2人で待っていると、1台の車が目の前で止まった。
降りてきたのは祖父宅の、近所の中年男性だった。焦りながら、
「山本さん(祖父)ここにいたのか。探したんだよ。
山本さんとこの小屋焼けたよ、火事。家はだいじょうぶだけど」と。
びっくりしてすぐに車に乗せてもらい、帰宅。家の周りには警察やら。

意味不明な電話の後、近所のDQN高校生数名が祖父宅の隣の空地で
バイクやら車をいじっていて、それで爆発が起きて小屋に引火したそうで。

突発的なことだったので、その電話がなかったら、
いつもびっこ引いてる祖父は危なかった。

391 :本当にあった怖い名無し[sage] :2008/08/22(金) 12:48:36 ID:tPGI7ggr0
ごめん、冒頭の文章が抜けていた…
冒頭にはこれが来ます。無いとわけわからんね。

大学の頃、通学時間の都合で祖父の家から通っていた。
脚の悪い祖父と二人暮らしだったが、問題なく暮らしていた。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第1206話 祖父への電話』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/09/05(金) 23:34:00 ID:6ce245317

    良い話題が書き方によっては全く面白く無くなるという見本

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/10/18(土) 12:52:00 ID:5e9c1cdd2

    未来の自分が…とか

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/01/18(日) 15:47:00 ID:02ff1758c

    ああ、じいちゃん無事で良かった(つД`)゚・。

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/03/24(火) 00:13:00 ID:8ef897d7c

    無事でよかった(´;ω;`)!

  5. 名前:ぢゆ 投稿日:2009/03/24(火) 21:22:00 ID:9976b8d8c

    てっきり乗ってたバスが事故にあうのかと思った!そしたらじーちゃんの方だったのね(-ω-)無事でよかったあ

  6. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/06/09(火) 23:53:00 ID:51a93d41f

    泣いた。足の悪いおじいちゃんが2時間もびっこひきながら可愛い孫を探しt

  7. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/06(水) 11:59:00 ID:d66af3b3f

    涙腺がw目が霞んできたwww

  8. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/04/13(火) 00:00:00 ID:4969be0c9

    じいちゃん助かってよかった。

  9. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/05/17(月) 12:54:00 ID:3e7e7f761

    おじいちゃんと孫の互いの愛情を感じた。その愛情に報いてくれたのかな。おじいちゃん無事で良かったね!

  10. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/07/06(火) 11:30:00 ID:eb937cc4f

    これは孫がと言うより爺ちゃんの守護霊が一芝居うったんだろうな。優秀な守護霊。

  11. 名前:疲労困憊 投稿日:2011/12/17(土) 09:41:12 ID:e63259079

    じいちゃん、足悪くて探す当てがないのにいてもたってもいられなかったんだね。孫への愛情に感涙。

  12. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/17(火) 02:50:14 ID:41e1a1ca8

    じいちゃんんんんん(つД`)゚・。どっちも無事でよかったあああ

  13. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/07/17(火) 12:40:59 ID:7ad9d8685

    どうだろう?
    家にいたら小屋の火もすぐ消せたのではなかろうか?

  14. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/08/17(金) 11:20:32 ID:f8622143c

    足が悪いなら無理じゃないの?
    逃げ遅れていたかもしれない程度には、足が悪かったんだし

  15. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/31(火) 02:06:42 ID:7ba14ec5d


    加えて若気の至りの火事で、
    運が悪ければ火事放置+全焼コンボ。

    誰が放火したか判明してるから、放火したグループが最善打ったか、偶然近所の方が気が付いたか。

    偶然の上で家が焼けない結果で成り立ったが、運が悪かったら危なかったと思いますな。

  16. 名前: 投稿日:2014/05/30(金) 00:49:12 ID:0bdef0431

    >おまえが涙声で、おじいちゃん、おじいちゃんと言って電話切れたんだよ。
    >だから誰かにさらわれたかと思って探しに来た」と言われた。

    4~5才かと思ったら、大学生かよ・・