第1866話 階段で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
74 :本当にあった怖い名無し[sage] :2010/06/26(土) 23:35:41 ID:TDOrLbAk0
幼稚園の頃、集合住宅の2Fに住んでいました。
玄関のドアを開けると、1Fに通じるちょっと長めの階段がありました。
段数は、15段以上あったと思います。

1人で階段の近くで遊んでいた時、上から2段目のところから
後ろ向きに落ちてしまいました。
ところが、落ちたと思った次の瞬間、向きは同じまま、下から2段目の所に立っていました。
ケガも何もありませんでした。
小さかったこともあり、不思議に思わず、階段を上って部屋に帰りました。
親には怒られると思ったので、話しませんでした。

もう一つ、小学校低学年の頃、掃除当番を数人でしていたとき
自分の頭目がけて、無言でちりとりを投げ付けてきた子がいました。
鉄製で角があったので、あたれば血が出たと思います。

実際は、ちりとりが向かってきた瞬間、そうとは知らずに頭を下げたそうで、
当たらなくて済んだのですが、他の子に当たってしまい、大騒ぎになりました。

ちりとりを投げた子から、後で直接言われたのが
「おまえが急に頭を下げて、よけたのが悪い!あそこで下げると思わなかった!」
と、私が悪いと言われました。
当時の私は、逆切れされてもよく分かりませんでしたが、
もう少し成長していたなら、ただじゃおかなかったと思います。

その子は、気が付いてよけたわけじゃないことを分かっていたせいか、
自分に対して、同じような悪ふざけは二度としてきませんでした。

そんな風に助かったのは小学校まで・・・。
大きくなるにつれ、心が薄汚れていったせいなのか、
助からないことのほうが多いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第1866話 階段で』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/07/03(土) 22:14:00 ID:46216af6a

    2つめのは偶然じゃね?

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/08(日) 19:30:00 ID:e51ac8763

    ちりとりの子、恐ろしすぎるやろ。

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/03/08(火) 00:41:28 ID:fca1b6a3c

    >>大きくなるにつれ、心が薄汚れていったせいなのか、助からないことのほうが多いです。
    助からないことのほうを書いてオチつけんかい!!

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/07/08(金) 02:31:08 ID:c61dbf40d

    つーかレス主が塵取りの子にそこまで憎まれ?恨まれ?てた理由のが気になるわ
    鉄製の塵取りなんてふざけて投げるよーなモンじゃないでしょうが

  5. 名前:  投稿日:2012/04/09(月) 04:17:10 ID:a909cda5b

    まるでJCだな・・・

  6. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/10/15(月) 23:36:52 ID:532d31e39

    競馬では物投げるのよくあるの?

  7. 名前:レス主です 投稿日:2013/03/18(月) 21:00:53 ID:8a473a4d3

    ちりとりの子は、お金持ちで頭も顔も良くて
    運動も出来て、子分が二人、エネルギーがあり余ってる感じだった
    コントロールをきかせて、ちりとりの角が
    ぶつからないように投げたとは思うけど、たぶん…
    他にも意地悪されたなあ
    まだ恨むという高度な感情を持つには小さかったから
    単に、いじめのターゲットだったと思う

  8. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/03/25(月) 06:53:22 ID:3a34ba3f1

    あ~、それは恋ですね~