「 Part24 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第470話 魔法使い

189 :本当にあった怖い名無し :05/02/03 01:20:51 ID:fHJHiB6p0 微妙な話だが。 小さい頃、友達の家に遊びに行ったんだ。 そいつの家は本の虫一族で、部屋の一つが巨大な本棚だった。 そいつに、面白い本が何か無いか?と聞くと、そいつは先ず、一冊の本をそいつの胸元ぐらいから引き出して、 その本の内容をパラ見してた。そ...

NO IMAGE

第469話 何かの怒り?

124 :本当にあった怖い名無し :05/01/18 11:59:55 ID:WEPT4GhZ0 おはようさん。京都の愛宕山方面でキャンプしたときの話しをば。 学生のときです。夏の終わり、下手したら尻の穴舐められるくらい仲の良い友人(オス)二人と 二泊三日のキャンプへ行きました。 人里はなれた山奥、地主の許可無しでは入れない山でもありましたので(俺...

NO IMAGE

第468話 バーベキューの後

109 :本当にあった怖い名無し :05/01/17 19:24:57 ID:8RpKkOYt 昔、キャンプに行ったときのこと。 食事も終わって水場で洗い物などして皆で集まってる中 バーベキューをした鉄板が川原におきっぱなしだというので 友人Aが取りに行くと言って坂を降りていったのを確認。 近くにいたほかの友人Bとちょっとしゃべって振り返ると なぜ...

NO IMAGE

第467話 ばち

96 :本当にあった怖い名無し :05/01/17 10:44:38 ID:CjBBYS2f 親戚の叔母さんが、仏壇を2階から1階へ移動させようとしたとき。 お寺さんにお経をあげてもらったうえで、仏壇の中の御本尊?(何て呼ぶのかワカラン 仏像みたいな)をそ~っと両手で持って階段を下りたのだけど、途中で つまずいてしまい、その仏像様を壁にほんの軽く「コト...

NO IMAGE

第466話 叔父さんの顔が見えない

92 :本当にあった怖い名無し :05/01/15 21:39:20 ID:9fASeip9 中学3年生くらいの時の話なんだけど 親戚の叔父さんが来た時のこと。 両親は普通に会話してるんだけど、自分には叔父さんの顔が見えない。 顔があるべきところは真黒な穴のようで目も鼻も口も何もない。 声は確かに知ってる叔父さんもの。 子供好きで優しくて、よくお土...

NO IMAGE

第465話 生霊に…

89 :本当にあった怖い名無し :05/01/14 12:56:26 ID:7G5GLhi2 自分が生霊?になった話。 その日のデートは彼が家の都合で、どうしても早く帰らなければいけなかった。 帰る時間になり、もう少し一緒にいたいなとは思いながらも、仕方ないので わざと少し遠回りしながらも、別段何事もなく私は家に送ってもらった。 彼も予定の時間より少...

NO IMAGE

第464話 ハイキングにて

82 :本当にあった怖い名無し :05/01/11 20:08:40 ID:qQw5+2Za 高1の夏休み、宿泊行事の最終日にハイキングと言われていたが 実はただの登山、というイベントが含まれていた。 1列になって登ってたんだが、山自体はそんな大したことなく 前を歩いている友人としゃべりながら歩いていた。 ところが、ふと気付くと友人がいなくなっていた...

NO IMAGE

第463話 ベナレスにて

79 :本当にあった怖い名無し :05/01/11 13:36:29 ID:32YPXmNf インドに旅行に行った時に、ベナレス(この表記には異論がある人もいると思うが日本で一般的な表記で) の安宿の部屋で昼間ぼーっとしてると、なぜか天井から下がった金具(鉄の棒の先が輪になっていた)を魅 入ってしまったことがある。何となく視線が外せなくなってその金具をじ...

NO IMAGE

第462話 ドアにしがみつく人

59 :本当にあった怖い名無し :05/01/09 13:26:14 ID:gnikJ17d 駐車場を借りてるんだけど、時々出入り口の近くに止まっている車がある。 ある日の夕方7時頃、車を駐車しようと近づくと 誰かがその駐車車両のドア付近にいるのが見えた。 ゆっくり近づくと、どうやらその人はしゃがみこんでいるように見えた。 さらに近づくと、その人...

NO IMAGE

第461話 ハチ公前の待ち合わせ

39 :本当にあった怖い名無し :05/01/05 18:41:48 ID:alvmkok8 10年くらい前、渋谷のハチ公前で待ち合わせした。 確かに同じ時間に同じ場所にいるはずなのに何故か会えなかった。 携帯電話のない時代だったから相手の家の留守電に「何かあったの~?」って入れておいたんだけど、相手も同じくらいの時間に私の留守電にメッセージを入れてて、...

スポンサーリンク