第3486話 飲んだ帰り道

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
843おっさん :2016/08/19(金)22:46:40 ID:4qh ×
これは私と会社の先輩Tさんの話。
当時私は20代でTさんは30代。
二人とも独身一人暮らしで家も近かったので良く飲んだ。
その日も私のうちで飲んだあとTさんを見送りがてら一緒に歩いた。
場所は都内某所の住宅、ビルの混在している地域。
時刻は恐らく夜中の12時頃だったと思う。
普段は人通りのあるその辺も、人通りもなくしんとして静まり返っていた。
季節は春から初夏にかけての丁度良い気候の頃だったと記憶している。
Tさんは歩いて、私は自転車を押して歩いていた。
話しながら歩いていると一つの建物が目に留まった。
5,6階建ての白いビルなのだが、そのビルの4階で廊下の蛍光灯がチカチカしていた。
もう夜中で人気のない真っ暗なビルだが、何故かそのフロアだけ蛍光灯が点滅していた。
それもただ点滅している訳ではなく、左端から右端に向かって一列に規則的に流れるように点滅を繰り返していた。道路工事のサインのように。
その時は夜間点灯試験でもしてるのかと思い別段気にも留めなかった
844おっさん :2016/08/19(金)22:47:26 ID:4qh ×
そのまま歩いて薄暗い四つ角に差し掛かった。一角には公衆電話ボックスが薄明るく光っていた。
その前まで来た時、突然「リ~~~~~ン!!」と公衆電話が鳴った。
私とTさんは少し驚いて止まった。
まあでも公衆電話だって電話番号を持っているし、誰かが間違い電話をしたんだろう位にしかその時は思わなかった。
私がふざけてその電話に出ようとすると、いつもヘラヘラしているTさんがやけに神妙な顔で「出るな」と言った。
私は先ほどの蛍光灯の事、今が真夜中で辺りに人気が無い事を改めて思い出して、少し嫌な予感がした。
そこから公園の森に入った。Tさんのうちはその割と広い公園を抜けた所にある。
私もその公園の近くに住んでいるし、普段から通っている。
私は幽霊の類は信じていないが、昼から薄暗い公園内が真夜中の今は更に暗いし少し不気味だった。
845おっさん :2016/08/19(金)22:48:20 ID:4qh ×
更に嫌な事を思い出した。その公園は付近では出ると有名な公園だった。
旧陸軍が細菌実験などを捕虜に対して行い、その屍を公園の山に埋めたと言われている。公園の敷地に隣接して建つ旧陸軍施設だった建物は、今では公的な研究施設になっている。工事中100体を越える人骨が出たという。
先ほど蛍光灯が点滅していたのはその研究施設ではなかったか?
いや違うでもと自分の中で逡巡しながら歩を進めた。
そういう時って何か怪しいと思っていても止まれないもんだ。
その頃になるとTさんも私も無口になっていた。
すると待っていたかのように森の中に霧が立ち込めた。
その公園で霧を見たのはその時だけだ。
歩くほどに霧が濃くなってくる。
山の中なら分かるが、都会の公園でこんなに霧が出る?とただならぬものを感じて「なんか…これ…」と口に出すとTさんは「ンー」とも「アー」とも言えないような声を発した。
846おっさん :2016/08/19(金)22:49:27 ID:4qh ×
公園内の森の道はカーブしながら下っていて、しかも霧で見通しが悪い。
その時突然目の前を大きな黒い影が「バサーーーッ!!」と横切った。
霧の中から突然現れて霧の中に消えて行った。
私はもう完全にビビッていた。
それはカラスだった。
その時はこんな真夜中にカラスが飛んでる不自然さにも思い至らなかった。
Tさんは「遊ばれてるな」と言った。何に遊ばれてるのだろう?
そして「こういう時は後ろを振り返っちゃ駄目だ」と言った。
どこかの導師みたいでカッコいい発言だ。しかしTさんも霊感など全くなく心霊現象などにも懐疑的な人だ。
Tさんもただならぬものを感じていたんだと思う。
私達はその公園を抜けるまで決して後ろを振り返らずに黙って歩き続けた。
息苦しくじっとりと手に汗が滲み、短い道のはずなのにやけに長く感じた。
公園を抜けて公道に出た所で明るくなると同時に霧も晴れた。
その後、Tさんとは今あった事について語りあう事はなかった。
とまあこれだけの話で決定的な何かは出てこない。
現実なんてそんなものだ。
847おっさん :2016/08/19(金)22:49:41 ID:4qh ×
でもあの時電話に出ていたら、あの時振り返っていたらどうなったんだろう。
何かに憑りつかれたのか、あの世の迷宮に迷い込む事になったのか。
よく考えてみると単に偶然と自然現象が合わさっただけの話かも知れない。
ン十年生きてきて霊的(?)なものの片鱗を感じたのはあの時だけだ。
霊感のある人があの場に居たら何か見えてたんじゃないだろうか。
あの時の事は凄く印象に残っているが、今でも何だったのかは分からない。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第3486話 飲んだ帰り道』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/08/25(木) 18:25:27 ID:f4b92fce5

    よく一緒に飲んだっていうなら何度も通ったことあるんだろうに、不慣れな道みたいな話振りだな

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/08/25(木) 21:13:56 ID:cdff1b31d

    Tさんイケメンだな。本当は霊感あるんじゃないかな。

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/08/25(木) 22:45:28 ID:a8c16792d

    Tさん「お前には言ってなかったが、実は実家は寺なんだ」

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/08/27(土) 00:46:16 ID:450c3356f

    自転車はいつ乗るんだろ。
    飲酒運転になるから押して歩いてTさん見送って
    えーと帰りも押して家まで帰るのかなあ。

    あ、Tさんの自転車を私が押してたのか。

  5. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/08/27(土) 18:20:17 ID:55ee9ccc1

    ↑乗って帰るつもりだったのだろ
    >当時私は20代でTさんは30代。
    こんな書き方するならそれなりに時間経ってるんだろう。自転車の交通ルール厳格化なんて言い出したのつい最近のことだからな。それに、自転車もまともに乗れないほど酔ってたんなら、この話がどこまで信用できるのか微妙って話にもなる

  6. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/08/28(日) 04:02:18 ID:640428512

    その後Tさんとどういう話をしたのかが気になる。

  7. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/08/29(月) 19:57:49 ID:d01b9adb0

    Tさん「(破ァ!!)」
    カラス「(こいつ…!)」
    電話ボックス「(…直接脳内に…!)」

  8. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/09/01(木) 23:16:53 ID:868c3acfa

    T山公園か

  9. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/12/18(日) 17:21:23 ID:7d0df58c9

    突然森が出てきて戸惑いました

  10. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/12/23(金) 22:47:33 ID:3df2fe6fd

    戸山公園だな。

  11. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2017/10/26(木) 01:30:01 ID:25eecb658

    二人で夜道を歩いていたら、突然電話ボックスの中の公衆電話が鳴りだした。
    二人のうちの一人(A)が面白がって受話器を取ったら、なんとAの友人がAに電話を掛けようとして間違えて偶然その公衆電話に繋がってしまい、その電話に偶然Aが出るという、奇跡のようなことが昔あった。