第2007話 いたはずの友人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
172 :本当にあった怖い名無し:2010/09/25(土) 23:04:08 ID:1zEwoAn6O
小4の時、夏休みの終わりまでA子って子がいた
俺と兄貴・友人B、Bの姉C子はAと近所で、普段から近所の爺婆にみんな兄弟のように面倒みてもらってた
でも、小4の夏休みを境にA子が消えていた
近所の爺婆も学校の奴らも「知らない」と答える
俺と兄貴・BとC子はA子の事を二十歳を過ぎた今でも覚えてるが、周りの記憶から消えたようにいなくなった
細かい事は省いたが、まるで4人だけパラレルワールドに入った感じで今でも謎

狐や狸に化かされたとか、三文小説によくありそうな話ですみません

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第2007話 いたはずの友人』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/26(日) 16:53:18 ID:90f960d6a

    うんよく聞く話。
    こうやって他の人には知られず消えてる人って
    けっこうたくさんいるのかなって思った。
    自分が消えたらやだなぁ。

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/26(日) 18:31:09 ID:e3208c7d4

    消えちゃう人は元から人間じゃないのでは。宇宙人とかタヌキとかじゃないの?

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/26(日) 19:21:08 ID:7c09d8adf

    あ~あ、その手の存在については口外しちゃダメなのに・・・

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/27(月) 04:36:40 ID:ab673cb98

    いるのに気付かれないよりましだ

  5. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/27(月) 16:36:56 ID:1d25f95c4

    なるほどね!こういう視点もあったか?

  6. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/28(火) 16:09:46 ID:f8e5bb40c

    いきろ

  7. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/29(水) 01:53:56 ID:efb85c18c

    日本では年間10万人が行方不明。そのうちの8割が13歳未満の女子 大人が気を使ったんだと

  8. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/29(水) 02:17:44 ID:d2a56b72c

    A子と近所って書いてあるけど、A子の家はどうなったんかな?

  9. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/10/02(土) 11:42:56 ID:760b5ed20

    こういうのって何なんだろうな?

  10. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/10/19(火) 11:29:55 ID:a77da4c63

    A子はトーチだったんだね

  11. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/06/27(月) 17:51:27 ID:b129dc9ab

    それ、どこのソース?
    これによると行方不明者のほとんどが大人だけど。
    http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/H22_yukuehumeigaiyou.pdf

  12. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/27(水) 06:07:31 ID:4de147ace

    チート?

  13. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/03/27(水) 12:48:16 ID:b3f3e58ef

    年に8万人も女児が行方不明なってたら社会問題だ=つ-の

  14. 名前:名無し 投稿日:2014/02/12(水) 18:50:07 ID:dfb31a634

    「灼眼の紗那」ですね。懐かしい。

  15. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/03/09(日) 18:08:50 ID:a2178bc2a

    独裁スイッチ・・・ ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

  16. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/06/19(木) 13:14:45 ID:99b66c7a4

    引っ越したのかな?

  17. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2015/09/26(土) 15:38:15 ID:c651adde5

    こう言う話って本当に多いけど、私が思うに、何かのきっかけで別次元に迷い込んで、時空のおっさんにも見つけられなくてそのままそこに留まるしか手がなかったかと。ここを読んでいると、迷い込んで直ぐなら元の世界に帰して貰えるけど、其処でウロウロして散策して時間が経てば経つほど、元の世界へ帰れなくなる、って感じかな。
    で、その場合は元の世界での存在自体を消去される作業が行われるけれど、何故か完璧ではないのね。
    なんか、時空のおっさんっていつも「ちっ!めんどくせーな!」って感じだから、消去作業も適当なのかしら?