第2696話 祠へ向かった後

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
574 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 23:47:21.78 ID:MR3oP5XI0
流れを無視して投稿させてくれ。
過去ログのhttp://********これを見てて
ほとんど忘れ去っていたことを思い出してしまったので書き留めておく。

小学校中学年の時の話なんだが、
友人Aは、クラスに一人は必ずいるような頭の回転も遅く成績も悪かったやつだった。
家も相当な貧乏で、よく汚い服を着ていたのを覚えている。
にぶいので、虐めまではいかないけど、よく構われていた弄られキャラみたいなもんだった。
不潔なうえにちょっと暴れる奴(今で言う適応障害みたいな感じか?)だったので女子からは嫌われていた。
でも、他の男子とは普通に仲がよく、俺も仲間の一人で、俺、A、B、他2~3人のメンツでよく遊びに行ってた。

ある日、そのメンバーで学校の裏にある神社に遊びに行ってた。この神社は普通なんだが、
その奥の森の中にある小さな祠みたいなのがいわゆる曰くつきで、学校ないでは何年の誰々がそこに近づいて消えたとか、幽霊やらUFOを見たとか言う噂が
まことしやかに囁かれており、オレたちの中では超有名心霊スポットとなっていた。
だいたい話の展開はわかると思うが、バカな俺たちは遊びのテンションも下がってきたんで、そこへ行ってみようと言い出した。
が、ここで、3~4人がびびりまくって離脱。「そこへ行くなら帰る」と、ちょうどスーファミが流行ってた頃なので
ビビるのを隠しつつ「俺もスーファミやろっと」などといつつ、家に帰っていった。
残された俺たち3人は、ここで引くわけにもいかなくなって、祠へ向かった。・・が、ここで俺の記憶は途ぎれているんだよね。
俺とA,Bの3人でむかって薄暗い森(小さい道はついている)に列になって行ったことまでは覚えているんだが、
祠まで行ったのか、そこで何をしてたか、さっぱり覚えていない。それだけなら、まだいいんだが、おそらくその日以来、他の皆との記憶の差が出てる。

575 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 23:48:08.39 ID:MR3oP5XI0
その日以来、そのメンツで遊びにいかなかったんだが、クラスではもちろんみんなと会っていた。で、ふと気づいたんだが、
Aの雰囲気ってか、存在ってのが今までとまったく違ってたんだな。いきなり「違う!」ってんじゃなく、なんと言葉で言い表していいか・・
「あれ?こいつってこんな奴だったんだっけ?」程度のおぼろげなんだわ。
それまでのAの印象ってのは前述したとおり。だが、それからのAは、頭はわりといいほうで、そんなに不潔でもなくなってた。
女の子とも普通に話していたし、何より家も貧乏でないようだ。「ようだ」ってのは、それ以来Aとの仲はあんまり良くなく、家に遊びもいったりしなくなったから、わからなかったってのもある。
他の奴に「Aって、あんなやつだっけ」的なことは聞いた覚えがあるんだが「そうだろ、何言ってんだ」という感じの答えだったので、
それっきりそんなもんなのかくらいにしか考えてなかった。まぁ今にして思えば、ちょっと怖くてAとは関わらないようにしたんだと思う。
で、学年が代わってクラスが代わってしまい、A,Bとはそれほど遊ばなくなり、中学も2人とは別になった。
そして、時は流れ、大学時代・・
オレは頭も悪いため、三流大に行ったわけだが、地元に帰ったときに、地元就職した奴らと出会って飲みにでかけた。く
そこには前述の俺、A、Bとよく一緒に遊びに行ってた連中もいたんだが、そこで寒気がする情報を聞いたんだ。
Aは、何かしらんが今は某有名大学に通うほどになってた。みんなの反応は「まぁあいつは当然だわな」みたいな感じ。
そこでオレは首をかしげた。
で、逆にBは、中学の時に荒れて一家は離散状態。高校時代は退学し、傷害だか恐喝だかで補導されたとか言っていた。
今は仲間うちでは消息不明。
俺の中ではBは、セレブってほどでもないけど、親が確か銀行員だったかなんかでそこそこ裕福だったはずなんだ。
B自身も性格が悪いわけじゃなく、なかなかのイケメンで女の子にも人気があった覚えがある。

576 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 23:48:36.78 ID:MR3oP5XI0
次で終わりね。

それを聞いて「嘘だろ~!?あのBが・・・。あいつ小学校のときはいい奴だったのになぁ」って言ったら
他の連中はポカンとして「そうか~?いかにもって感じだったけどな、
Bって小学校時代、ヤンチャだったろ、お前とよくAをいじめてたじゃねぇか」とか言い出す。
冗談かと思って「そんなワケねーだろ」と言うんだが、連中は本気らしく、どうやら俺の記憶喪失だと結論づけてた。。
Aに関しても小学校時代はそんな貧乏で不潔な奴じゃなく、頭がよくみんなの人気者だったって言うんだよな・・。
俺が、AとBの過去の記憶をごっちゃにしているってこともあるんだが・・・どうも腑に落ちないんだよ。
あの事件の前までは確かにAは貧乏でどん臭い奴で、それに関する思い出もいろいろあるし、Bにしてもそう。
オカルト的に考えれば、祠でAとBに何らかの事件があり、宇宙人だか霊的なものの関与があったんじゃないかと疑ってるんだが、
今更検証は不可能。俺の記憶違いってことで片付けられてもしかたないわけだ。
もしかして逆に俺だけ記憶をいじられてたりしてw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第2696話 祠へ向かった後』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/03/05(月) 15:55:06 ID:c713edce5

    周りが変わったと思ってる本人が異世界に来ていたりして

  2. 名前:名無し 投稿日:2012/03/05(月) 17:29:04 ID:a16d2900f

    本人がいじめた覚えなくても他人から見れば明らかにいじめてたんじゃん?

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/03/05(月) 20:33:58 ID:bd2c3382f

    ていうか文章が芝居がかってて嘘臭い。
    ベタな台詞回しの切り貼りでしか書けないのか。

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/03/06(火) 03:00:20 ID:a7b5a39d4

    うーむ

  5. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/03/06(火) 10:19:55 ID:c7bcd353d

    確かに文体は嘘くさいけれど内容は面白い。
    しかし内容は面白いけれど文体が嘘くさい。

  6. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/03/08(木) 11:14:48 ID:238f45e05

    やっぱり否定から入るやついるんだなぁ…。別に普通の文体じゃん。

    何も覚えてないってのは怖いな…。

  7. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/03/10(土) 04:13:59 ID:4672db8be

    祠で何かあったんじゃなくて、途中の森で何かあったって事かね。
    キャトル☆ミューティレーション的なやつだろうか

  8. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/03/10(土) 04:30:48 ID:b8a93a11f

    神様が二人を入れ替えた?

  9. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/03/11(日) 12:45:18 ID:4efd91f2f

    主がパラレルに飛んだ?創作臭くもあり謎だが

  10. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/03/15(木) 10:18:50 ID:fdd68eab3

    こういう話確かめる術がないから怖い

  11. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/03/18(日) 14:55:13 ID:7320e47ec

    その祠まだあるんでしょうかね

  12. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/03/21(水) 01:05:37 ID:af5a1f2ac

    これ書いた本人だけが異世界に行ってしまってそのショックで祠探索前後の記憶をなくし、それ以前では元の世界の記憶を保持している可能性。

  13. 名前:t 投稿日:2015/09/11(金) 16:10:38 ID:45b32f1f9

    神社でその祠についての話は聞けないのかな?

  14. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2016/03/20(日) 11:30:05 ID:b58fb5f87

    やっぱいじめをする奴って、他の人と見えてるもの違うね。