第3781話 エノコロ草

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

145本当にあった怖い名無し2022/07/20(水) 03:44:28.06ID:5shBPnUh0
ついさっき雨があがったので、ねこの葉っぱを取りにいった
近所の集合集宅の周りの植え込みに生えてる「エノコロ草」ってやつで、うちの猫たちの大好物
雨が続いたからかな、いろんな雑草が元気よく伸びてて、細長い葉っぱに着いた雨粒が街灯の明かりでキラキラ光ってた

植え込みに沿って探してたら群れになって生えてる場所を見つけたので、出来るだけ若くてやわらかそうな葉っぱを10枚ぐらい集めた
サンダルの隙間から出てる足の甲を蚊に刺されたようで、少しかがんで掻いてたら後ろから「それ苦いんだよ」って声がした
へ?ってかんじで振り返ったら、2,3メートル後ろの街灯の柱の横に、茶色のねこがこっちを向いて座ってた

150本当にあった怖い名無し2022/07/20(水) 10:01:56.36ID:6OAMENvJ0
>>145
人間でいうとどんな感じの声ですか?

151本当にあった怖い名無し2022/07/20(水) 11:10:36.72ID:Q/SbEvCg0
>>145
良い話ありがとう

145さんが飼い猫さんのために草を摘んであげてるのをその猫さん知ってたんだね

自分は声ではないんだけど虫と心が通じる事がたまにある
アゲハ蝶とか蛍とか
瞬間的に綺麗だな!って心から思った時に
「こっち来てもう一回姿見せて」
って純粋に念じる?心から呼びかける?と物凄いスピードで一瞬だけ顔のそばに飛んで来て見せてくれたり

あと部屋の中で視線を感じて、というかガン見されてる気配があってびっくりしてそっちのほう見たら可愛い蜘蛛がぶらんぶらんしながらこっち見てた
(うちは園芸やってるので蜘蛛は益虫。部屋で見かけたら薔薇の鉢まで連れてってあげる)

親に話したらあんた変わってるわ普通虫と心通じないし蜘蛛と目合わないしwって

156本当にあった怖い名無し2022/07/20(水) 17:18:11.29ID:ZS3Y6P8R0
>>151
郊外に住んでた義理の父の家に遊びにいったら、部屋の中を一匹のアシナガバチが飛んでた
2日ほど前にハチが家の中に入ってきた時に、小さな皿に水を入れてテーブルの上に置いてあげたんだって
ハチは朝になると窓のスキマからどこかに飛んでいって、夕方になるとまた帰ってきて水を飲んで次の朝まで部屋の中にいてるんだって

次の週も仕事の関係で父の家に行ったら、やっぱり部屋の中をハチが飛んでた
父は「もう寿命が近いみたいでだいぶ弱ってきてる」って言ってた

その次の朝にアシナガバチはテーブルの上で動かなくなってたそうです

わりと変わり者扱いされる自分もいろいろな虫との思い出あります

158本当にあった怖い名無し2022/07/20(水) 21:18:25.43ID:ZS3Y6P8R0
>>150
遠藤憲一さんっぽかったような気が

>>151
読んでくれてありがとう

私はハエトリグモとコミュニケーションを取ろうとしたことが何度もありますが、なかなかうまくいかないです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第3781話 エノコロ草』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2022/08/16(火) 18:26:38 ID:952e0ba01

    自分はゴキブリが嫌いすぎて、姿を見る前から「いる…!」と分かったり、
    人間に見つかって焦ってる気持ちが伝わってきたりするんだが、
    嫌いなままだし全然ハートフルなコミュニケーションでも何でもないから羨ましいな…