第3583話 零細企業の忘年会で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

626 :本当にあった怖い名無し:2017/11/22(水) 19:33:36.22 ID:/YG3d9ZR0.net[1/2]
男5人の零細企業の忘年会で温泉へ行った。温泉と言っても、社長の親戚の家で
家の人はハワイに旅行中とかで建物には我々5人しかいなかった。お風呂場だけ
お金取って入れるシステムだった。社長除いて4人でサウナに入って喋っていたら
急にドアが開いて70歳くらいのオバチャンが黒色のスプレー缶持って入って来て
部長の股間へ向けて一発スプレーを噴射して「的が小さいから一発で済んだわ」
と言ったと同時にケタケタと高笑いし、ドアを開け出て行った。あっけにとられた我々
は何が起きたかほんの4~5秒の事で声も発せなかったが、すぐに社長が全裸で
そのサウナに入って来たので皆、せきを切ってどもりながら喋りだし訴えた。
そんな奴知らんぞと社長は我々4人に一喝するが、よく聞くと皆が見た人物と俺が
見た人物が異様に違う事に気づいた。お爺さん、30くらいのお姉さん(超ブス)、
40代の消防士のおっさん、カラオケのマイク、緑のメガホン、消火器、「男同士で何し
とるんじゃ!」、「私のオスカルはどいつよ!」、「火遊びする奴は許さん!」等・・・
勿論、部長の股間は黒くなかった。しばらくしてその家は台風で壊れてでっかい温泉風呂
になった。会社はその日以来、事業大成功して125名の中小企業に成長している。

627 :本当にあった怖い名無し:2017/11/22(水) 19:52:45.58 ID:/YG3d9ZR0.net[2/2]
ちなみに部長は当時40代で結婚10年、子宝に恵まれず不妊治療してたが翌年
男女の双子が生まれ、数年後再び男女の双子が生まれ、一気に子だくさんに
恵まれた。不思議な事に4人の中でこの怪現象を覚えてるのは俺一人だ。が、
社長も鮮明に覚えている。超下手糞でつまらないドッキリとして・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第3583話 零細企業の忘年会で』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2017/11/24(金) 21:52:12 ID:31361d143

    超下手糞でつまらないドッキリをもしっかり覚えてるとは流石社長

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2017/11/29(水) 01:27:43 ID:0e5b969df

    福の神だったのかな

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2017/11/29(水) 23:19:04 ID:3c411a39a

    こんなエキセントリックな福の神ヤだよ

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2017/12/02(土) 22:53:47 ID:c3884bae0

    色々とカオスでワロタ

  5. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2017/12/05(火) 19:52:59 ID:3cd2c5274

    視覚的にも聴覚的にも人によって見え方が違うってのは聞いたことはあるが、そいつは霊的に何者だったのかねえ・・

  6. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2017/12/06(水) 20:26:44 ID:19e0f1b15

    これは逆のパターンもあり得るぞ…。