第3168話 深夜の九州道で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
672 :本当にあった怖い名無し:2013/12/07(土) 13:59:38.32 ID:i+U8x4xRi
4年程前に体験した話です。
トラックで九州行きの荷物を積んで九州道を走っていた深夜2時頃、3時間程仮眠を済ませており車内もアニソン爆音で大熱唱していたのだが 突然音楽が止まりプレイヤーを見ると電源が落ちていた。 再度電源を着けようとした時、正面に

673 :672:2013/12/07(土) 14:02:38.77 ID:i+U8x4xRi
青色の人みたいな形をした物体がいた。
それはゆっくりと歩くってか浮いてるみたいな動きで自分に近づいて来た。 遅くても80キロ出てるトラックにむかってゆっくりと そのままフロントガラスをすり抜け自分に重なって来た。意識がぼぅっとし始めて それが体を通り抜けていく感覚だけがあった。

674 :672:2013/12/07(土) 14:17:06.25 ID:i+U8x4xRi
体を通り切る寸前に ハンドルに頭をぶつけて意識が戻った。青いのは消えていた。 ただ意識が戻る前に、姉の怒っている顔が頭に浮かんで それで助かったんだと思ったよ んで、翌日にその事を電話で話したら

675 :672:2013/12/07(土) 14:19:38.13 ID:i+U8x4xRi
「お前のベースが夜中に勝手に鳴ってうるさかったから怒鳴った。」 との事… あのまま意識がきれてたら死んでたのかな?

場所は大牟田インターの手前で青いやつは傘みたいなの持ってた

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『第3168話 深夜の九州道で』へのコメント

  1. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/09(月) 21:53:14 ID:d0971a3fa

    四国と九州は怪異が、いっぱい。
    瀬戸大橋出来る前の四国なんて、エニグマ三昧でした。

  2. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/09(月) 21:59:14 ID:ce056b094

    本スレの方にkwsk

  3. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/12(木) 18:29:13 ID:be0a1189f

    何ソレ怖い

  4. 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/12/13(金) 00:06:52 ID:b3889da63

    無事で良かったね

  5. 名前:名無し 投稿日:2013/12/14(土) 17:44:35 ID:f9b771458

    青色の人みたいな形をした物体=シムズ2のシムがドラえもんコスした状態を想像して一人吹き出してしまった

  6. 名前:名無し 投稿日:2014/01/31(金) 23:38:38 ID:498e36d38

    旧帝国海軍のエースパイロット・坂井三郎が重傷を負いながらも帰還した時の、母ちゃんに叱咤されたというエピソードを思い出した。

    愛用の楽器が演奏者の危機を親族に伝えるっていうのは好いね。