「 いい話・泣ける話 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第3294話 コンビニの自動ドア

403 :名無しさん@おーぷん :2014/09/30(火)12:31:29 ID:YhReQZ8kJ 二年前の話。 行きつけのコンビニの店員から話掛けられた。可愛い子だったから内心ワクワクしたんだが、 「お客様が通られた後少しして必ず誰も入らないのに自動ドアが必ず開くんです」と。 仕事疲れもあってか、ああそう…程度に受け流したと思う。 で、コ...

NO IMAGE

第3154話 公園のベンチのおじいさん

153 :本当にあった怖い名無し:2013/11/01(金) 00:42:32.02 ID:5oqK4ixB0俺が小5だった頃の出来事 学校帰りに公園のベンチに座り込んでるおじいさんがいて おじいさんは胸の辺りを押さえていて 俺が「大丈夫ですか?」と声をかけたら (カバンの中の薬を出してくれ)と頼まれて ちかくにカバンが落ちていて中から薬と水筒をだ...

NO IMAGE

第3096話 あんときの

400 :本当にあった怖い名無し:2013/07/11(木) 17:21:15.56 ID:TTkR/AYw0俺、2年前の震災で友だち亡くしてんのよ。 で、震災の少し前に、その友だちと町で遊んでいたときに、 不意にソイツが俺のことをケータイのカメラで撮ったのな。 「おもしれー顔w」とか言って。 そして、あの日。お昼過ぎにソイツからメールの着信があった...

NO IMAGE

第3084話 前世の記憶(6)

773 :本当にあった怖い名無し:2013/05/29(水) 11:22:12.55 ID:2AE97QjK0!うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで一人俺を育てて くれてた。親父が何してた人だったかは知らないけど会った記憶もない、 気が付いたら古い小さな集合住宅の一室で母ちゃんと二人暮らしてた。 俺は重度の小児喘息の持ち主で、毎...

NO IMAGE

第3068話 夜行列車のおじいさん

869 :本当にあった怖い名無し:2013/04/13(土) 22:49:44.69 ID:2ZQRvptJ05~6年前、出張で松江に行ったときのこと。 昔からブルートレインに乗ってみたいと思っていたので東京駅から夜行列車に乗った。 乗ったのはB寝台車で他の客とカーテンだけで区切るというもの。 隣や上段にどんな人が来るのか少し興味があった。来たのは隣だ...

NO IMAGE

第3032話 良く来でくっだの

145 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 21:33:56.99 ID:Hoilz+ZI0もういない人がいるように感じた経験 去年の秋、学生の頃とてもお世話になったおじいさんが亡くなった俺は学生当時、地元の漁協に出入りしていて、そこで知り合ったそのおじいさんから地域の川や海での遊び方を教わってた 釣りキチ三平でいう一平じいさんみたいに...

NO IMAGE

第3030話 狸と最終列車

115 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 23:26:39.13 ID:srBYXK+90仕事中に体験した話です。仕事は列車の運転士をしています。 その日は大雨の中、最終列車の乗務をしていて駅に停車中でした。やがて出発時刻となり、信号が青に変わった瞬間信号が消灯してしまいました。 おいおいこのタイミングで球切れかよと思いながら、無線で...

NO IMAGE

第2992話 お世話になった人

164 :1/2:2012/12/21(金) 21:14:22.76 ID:7hw3/1GB0父の話を思い出したので書きます。生まれてからずっと北海道民。 大学だけ、親元離れて憧れの京都へ。 昔なので(父は60代)下宿住まい。 そこの下宿先のオヤジさんのことが、父は大好きだったんだと。 知らない土地でひとりの生活、親以外で初めて身近に接する大人。 ...

NO IMAGE

第2944話 猫とマイキー

141 :本当にあった怖い名無し:2012/10/23(火) 19:13:30.79 ID:GA58wqfK0僕の父の不可解 142 :本当にあった怖い名無し:2012/10/23(火) 19:40:38.54 ID:GA58wqfK0途中送りしてしまった。orz僕の父親は、米国と日本人のハーフ(祖父が日本人で祖母が米国人)なんだ。昔の話になるけど、父...

NO IMAGE

第2798話 猫の道案内

24 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 18:39:28.86 ID:ESdz1en10ここで良いのかな。 全く怖くはなかったけれど不思議な体験。 長文すみません。大学生の時、留学でイギリスに行った。 留学先には自分の研究してた人物のお墓があって 研究してるってだけでなく、その人のことを凄く尊敬もしてたから お墓参りに行くことに...

スポンサーリンク