「 スレッド別作品選 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第147話 笛の音

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/25 02:34 小学生の頃、山に囲まれた所に住んでいました。 5年生ぐらいの時、夜になると山の向こうから笛の音が聞こえてくる ようになりました。最初は気にもならなかったのですが、 あまりにもしょっちゅう聞こえてくるので、家族に話してみました。 すると母も姉もそんな笛、聞こえたことがない、と...

NO IMAGE

第145話 ・・・はい

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/23 09:16 みなさんのお話に比べたら小さい(?)モンですが・・・ 昨夏の母親の体験です。 私は都内某所にアパートを借り一人住まいです。 電車で20分離れた所に両親が住んでいて、母は気が向くと電車またはバスを利用しアパートに遊びに来ます。 ただし私が不規則な生活(になりが...

NO IMAGE

第144話 母ふたり

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/22 19:07 中学時代の話。 夜9時ごろ、2階の居間でTVを見ていた。居間の隣はすぐ廊下で、 その廊下のドンつきに机が置いてあって、ガラスの障子を挟んで居間のTVが 置いてあるので、TVの正面に居ると机も見えるし、振り向くと階段も見える。 その時は別に振り向かなかったのだけど、階段を上が...

NO IMAGE

第143話 親子

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/22 11:28 自分にとっては不可解です。 お盆で親の実家に帰っていたつい先日のこと。 夜中、部屋で一人で本を読んでいた。 その家は大通りへの抜け道に面していて、通る人の話し声が結構よく聞こえる。 1時くらいだろうか、男の声と、どう聞いても子供の声が横を通り過ぎていった。 「皆待って...

NO IMAGE

第142話 コスプレ

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/22 02:01 スレ違い、且つ微妙でもある私の体験。 一昔前、夏と冬のお祭りがまだ晴れた海で開催されていたその頃、 私はコスプレーヤーだった。 当時、イベントで会う人の中に、いつも必ず私と同じキャラの コスプレをしている子がいた。 あまり話したこともなく、二人で示し合わせていたわけでもな...

NO IMAGE

第141話 きよみちゃん

107 :ぶるぶる :02/08/20 02:01私が小学校三年生位の時の話です。 そのころ、とても仲よしだった、 きよみちゃんという女の子が、クラスにいました。 彼女と私は、毎日のように学校が終わると、 お互いの家を行き来しては、ふたりで遊んでいました。 その日は、彼女の家の台所のキッチンテーブルで、 ふたりでドラえもんを読んでいました。 そ...

NO IMAGE

第140話 鬼

956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/16 12:02 叔父の話を一つ語らせてもらいます。長文勘弁ね。 幼少の頃の叔父は手のつけられない程の悪餓鬼だったそうで、 疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がす等、 子供達のガキ大将を自負するようなDQNでした。 さてその疎開先には、地方にしては大きな神...

NO IMAGE

第139話 きまが

929 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/16 02:10 工房の頃の話。 クラブの帰り道、七人ぐらいで王将の座敷席でメシを食らいつつ 馬鹿話をしていた。 ラーメンをずるずる啜ってるとと斜め向かいに座ってた子(仮にA)が、 じっと自分を見てるんで、「どうしたん」と聞くと、「○井?」と、 私の名前を呼んでくる。 意味が判らずに...

NO IMAGE

第138話 山の夜道

875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/12 22:06オレのじいさんは若い頃山岳修行をしていて、 お盆になると死んだしいさんがしてくれたこの話を思い出す。山に入り、夜道を歩いていると、たまに、さっき通ったはず?という 道に出くわす時がある。 最初はあまり気にせず、そのまま歩いて行く。 そのまま目的地に行ければ、それで良し。 し...

NO IMAGE

第137話 黒い人その2

845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/08/12 02:18 それはこういう事です。 自分は中学に入ってから家を引っ越したのですが、その家に引っ越してからというもの、夜部屋の明かりを全て消して寝ようとすると、 100%の確率で金縛りに合っていたんです。しかも絶対にそうなった時に真っ暗なはずの部屋なのに、それよりも更に黒い人が立っている...

スポンサーリンク