「 Part76 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第2602話 見知らぬお姉さん

975 :本当にあった怖い名無し:2012/01/05(木) 23:24:43.37 ID:fY0dvhQi0小学生の頃の話 土曜日だか日曜日だかで親が買い物に出かけ、一人で留守番してた時 ドアホンが鳴ったので出てみると見知らぬお姉さんが立っていて、「すみません、トイレ貸してください」と言ってきた その頃はだいぶやんちゃで人見知りもしなかったせいもあっ...

NO IMAGE

第2601話 ドッペルゲンガー(47)

969 :1/2:2012/01/05(木) 22:37:34.88 ID:rCUtSPIS0ドッペルゲンガーネタを1つ。 今から10年ぐらい前の話だけど、夏休みに友達と地元の駅前で飲んでたのね。 結構酔っ払って、帰りはチャリをこいで帰る自信がなかったからバスで帰った。 その数日前に駅前にチャリを路駐して撤去されたばかりだったから、どうしようか悩ん...

NO IMAGE

第2600話 羊

940 :1/3:2012/01/05(木) 07:07:02.27 ID:y3lA+qPO0小学生の頃の冬の話、母親は台所で料理してて俺はテレビを見てた。 インターホンが鳴って、母親が出た。どうやら父親がいつもより早く帰ってきたらしい。 手が離せないからと言われ、俺は玄関の鍵を開けに向かった。 廊下の奥からドアを叩く音と、寒いー早く開けてくれーという...

NO IMAGE

第2599話 死角が見える

930 :本当にあった怖い名無し:2012/01/04(水) 20:53:06.23 ID:wMhZ1FaiOスレ違いかもしれないけど、事故に遭いそうになった時とか、震災の時とか身の危険に遭った時に死角が見える時がある モノを透視するとかではなく、ほんの一瞬だけど死角に入ったモノを見なくても見ることが出来るような感覚 その一瞬の光景が見えた時には既に回避...

NO IMAGE

第2598話 最初の記憶

893 :本当にあった怖い名無し:2012/01/03(火) 15:08:03.72 ID:20zp1Ngf0友人(仮名:ケンタ)が話してくれた、「最初の記憶」が印象深かったので載せてみる。 自分は空から地上を眺めている。 眼下では男の子が二人遊んでいて、そのうちの片方の子に自分がぐんぐん吸い込まれていく。 すると男の子の今までの記憶が走馬灯のよう...

NO IMAGE

第2596話 おにぎりを食べるおじいさん

828 :1/2:2011/12/31(土) 06:09:05.04 ID:nxu3jC/t05、6年前、山梨県での話。 バイト先のスタッフ12人くらいで車三台で深夜に 遊びにでかけたとき、他の車とはぐれてしまってなんとか 合流しようとしてるうちに何故か畑に囲まれた細い道を 走る羽目になってしまった。 近くにあるはずの甲州街道に出ようとして...

NO IMAGE

第2595話 おっさんがいる

801 :本当にあった怖い名無し:2011/12/30(金) 09:42:42.73 ID:kT/8yGAw0去年の夏の話つまんないし長文でごめん。 去年の夏の夜10時~11時くらいに 毎日俺と友達は10キロほどランニングをしてた。 そんで、毎日普通に走ってたらあることに気づいた。 毎日走るコースに小さい神社があるんだけど、そこのちいさなベンチに...

NO IMAGE

第2594話 謎の歌声

798 :本当にあった怖い名無し:2011/12/30(金) 08:47:54.76 ID:+4HfV1l50こんにちは まずは私の体験から 小学3年生の頃に学校中が騒然とした事件?がありました。 三校時目の11時頃に放送のスピーカーから奇妙な歌声が流れてきたのです。私たちの地方の方言では無い訛りの歌声でした。 聞こえた教室と聞こえない教室があったの...

NO IMAGE

第2593話 彼女の元彼

769 :本当にあった怖い名無し:2011/12/29(木) 03:42:29.05 ID:F+/2P6ZR0スレチかもしれないけど。 俺は大学生までかなりリア充だった。 中学から彼女いない期間なんてほとんどなくて、 ずっとそんなんだったから高校あたりからかなり遊んでた。 で、大学1年生のとき友人に可愛い子を紹介してもらって付き合ったんだ。 ...

NO IMAGE

第2592話 銀河鉄道

752 :本当にあった怖い名無し:2011/12/28(水) 12:38:27.08 ID:VzNvq20E0流れぶったぎってすまんが、投下するわ。(1/2) 年末なので、ひさびさに東北の某地方都市にある実家に帰り、母親から聞いた話。 まだ母親が20歳ごろのこと。ある夜、母親は運転する車が信号待ちの時、田んぼの遠くに見える電車を眺めていたそうだ。...

スポンサーリンク