第3667話 野良猫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
202本当にあった怖い名無し2019/10/03(木) 13:11:49.19ID:s/eLUtg60
だいぶ昔の話なので色々おおめにみて下さい

何のスキルも無かったけど、家を出たかった自分は寮のある新聞屋に就職した
そこでの寮は○○壮というコーポの一室を借りている寮だった

大家さんがすぐ傍に住んでいたのだか、猫の好きな人だったらしく周りには餌付けしてる野良猫が沢山居た

自分は猫が好きだったので入居の挨拶の時に猫沢山で良いですねと話したら、どれでも好きな子面倒みてやってと言われ、早速その日から餌付けを始めた

ある程度仲良くなり目をつけたのは、白地に灰色のぶちのある子猫と成猫の間位の子

ある冬の日、その子を勝手に家の子にする事にして餌で釣り家の中に入れた
最初戸惑っていた猫も炬燵の暖かさに安心したのか丸くなってぐっすり眠り出した

夜中過ぎ、朝の配達へ行こうかと支度をしていると、トントン、トントンとドアを叩く音がする
何だろうと開けてみたらそこにいたのは近所中の猫、10匹以上かな
一番前にはそこら辺のボスと思われてたぶっとい雄猫
そいつが一生懸命こちらの顔を見ながらニャーニャー鳴いている
何となく、自分が勝手に家に引き込んだ子を取り戻しに来たんだってわかった

すぐに寝てるその子を炬燵から抱き上げて、ごめんと言いながら皆の前に戻した
戻したとたん三々五々といった感じで猫達は帰って行った

面白かったのはその後
居心地が悪く無かったのか、自分のかどかわした猫は次の日戻って来た
窓をカリカリ引っ掻く音がするので開けたらそいつがスルリと入って来て
以来周りが取り戻しに来る事も無く、ボスは程よい距離でたまに窓から見にくる位になった

外にも出れるように窓をいつも少し開けていたんだが普段は他の野良猫が勝手に入る事も無く
ただ少し具合が悪くなった奴とかが居ると、家のに連れられて入って来ていた

もう旅立ってしまったその子との不思議な話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク