第3664話 しゃぼん玉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
118本当にあった怖い名無し2019/09/29(日) 15:28:07.93ID:xazJ/m6a0
自分がまだ小学生の時
うちには大型犬が居たんだ。
うちの近所にも大型犬を飼ってるおじいちゃんが居て、よく一緒に散歩に行ったりお家に遊びに行く事があった。

散歩は毎回自宅から5分くらい歩いた近所にある小さな山に行っていた。
車も来ないし人も来ないので、散歩コースにしやすく、ジョギングや犬の散歩をしてる人も多かった。

ある日の夕方、おじいちゃんと散歩中
先日その山で犬の散歩をしていたら●●さんと会ったので立ち話していたら
近くに軽トラが停まっていたことに気づき、●●さんが近づいて中を見たら
男性が死んでいて警察呼んだんだよって教えてくれた。

え~怖いね~と軽く流して
そのまま散歩を続けた。

私達は毎回必ず
人の足が行けるところまで進める最深部まで行き、大きな広場になっているので、そこで犬のリードを外して犬を遊ばせていた。
その日もそうしていた。
山の入り口から徒歩40分くらい歩けば人が立ち寄れる一番奥まで行ける。

そしたら、自分達が来た道から
しゃぼん玉がひとつ飛んできた。
おじいちゃんが、ほらほら~変なの来たよ~
って感じで笑ってた。
そのまま山の中に入ってしまった。

もちろん自分達しか居ない。
山の入り口付近には学童保育所や、幼稚園があるのだが、歩くと40分くらいかかる距離にある。
あれが一体なんだったのかは分からない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク