奇妙な偶然一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第2813話 デパートでの妄想

328 :本当にあった怖い名無し:2012/06/20(水) 21:52:51.14 ID:cmYDOMMy0大したことないけど自分にとっては忘れられない話。 文章力ないので読みにくかったらごめんなさい。 小学校低学年の頃、自分の母親が近所の某庶民系デパートに私と友達を連れて行ってくれた。 母親が私らにアイスクリームを買い与えて「買い物をする間ここで待...

NO IMAGE

第2746話 虫の知らせ(8)

704 :本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 11:29:18.83 ID:V+mPA0OqO自分も昔、ベタ話だが虫の知らせを経験したことがある 確か土曜日の昼間半ドンで家で昼飯を食べていると 母親の普段使っていたプラスチックの手鏡の柄が急に折れて床に鏡部分が落下して鏡も割れてしまった これは何かあるから気をつけなさい、と母親から念...

NO IMAGE

第2742話 12時間後

691 :本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 04:17:12.23 ID:5oYwkhu40朝起きて携帯からついったに「死にそう」1時間ほど間を空けて「死んでくる」ってポストしたら (半分寝ぼけてたので眠すぎてって意味で打ってた) 死にそうって打ったきっかり12時間後の同じ時刻にばーちゃん危篤の連絡が入って、 死んでくるって打ったのと...

NO IMAGE

第2741話 虫の知らせ(6)

690 :本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 03:41:57.52 ID:Fd+IYMwJP虫の知らせなら俺にもあるな。 深夜、自分の名前を呼ばれた気がして飛び起きた。 時計を見ると午前2時半。 喉が渇いたのでそ~っと廊下を歩いて台所に向かうと、 お袋が部屋から出てきていた。 「どしたのこんな時間に?」「なんだか胸騒ぎがしてね~」...

NO IMAGE

第2739話 虫の知らせ(4)

685 :本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 01:50:53.78 ID:lXv+bOfsPたいして不思議では無いかもしれない話だけど 私にとっては不思議だった話。 中学生の頃、伯父さんの家に日帰りで遊びに行く約束をしてたんだ。 自宅の滋賀県から伯父の家の京都まで。 歩き、バスに乗り、電車に乗り、再びバスに乗り、歩く。 滋...

NO IMAGE

第2730話 虫の知らせ(3)

408 :本当にあった怖い名無し:2012/03/29(木) 23:21:47.52 ID:L6QKbIqmO去年のはなし 夜、嫁と寝てたら突然金縛りにあって足元に知らない男の人がいてこっちを見てたんだ。 今まで金縛りになっても見たことがなかったので超ビビって 「消えてください、消えてください」 って思ったら消えて動けるようになった。...

NO IMAGE

第2713話 雛の恩返し?

124 :本当にあった怖い名無し:2012/03/22(木) 13:28:24.22 ID:eE2QOlvb0まとめスレを読んでいたら思い出した不思議な話。 但し地味です。 小学校低学年の頃、友達のAと遊んでいたら、スズメの雛っぽい小鳥を見つけた。 怪我だったのか原因はわからないけれど弱っていたので二人で拾って一生懸命看病した。 箱にティッシュペ...

NO IMAGE

第2712話 シンクロニシティ(2)

109 :本当にあった怖い名無し:2012/03/22(木) 00:59:33.28 ID:KZILjjdkP電話ネタで盛り上がってるみたいなので便乗 つっても、単なる偶然と言われてしまえばそれまでの話。 10年以上の付き合いのある友人(親友レベルか)限定なんだけど 何故かやたらと電話をしようとする時がかぶる。 電話しようと受話器を取ったら(もし...

NO IMAGE

第2690話 友人の特殊能力?

111 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 20:57:54.90 ID:WBLQ0XQx0流れを読まずに投下。スレチだったらごめんなさい。 私の友人の話。 私と友人(双方女)は中学時代からの仲で、 同じ部活に入っていた。 112 :本当にあった怖い名無し:2012/02/22(水) 21:01:20.55 ID:WBLQ0...

NO IMAGE

第2682話 高校時代に書いた詩

897 :本当にあった怖い名無し:2012/02/18(土) 13:14:13.40 ID:fcGS0Al70 先日、バンドをやってる友人から詞を頼まれ、 高校時代に書いた詩のノートを十?年ぶりに引っ張り出した。 ヒントを探してパラパラやってるうち、高1の時の詩を見つけてアゼン。 僕自身はそれを書いたことを不思議なぐらい覚えてないんだけど、 その詩...

スポンサーリンク