乗り物一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第3061話 深夜の高速バス

624 :本当にあった怖い名無し:2013/04/02(火) 00:33:27.83 ID:hBl8tnHX0バスの運転手をしていて、その日は東京から京都まで夜行便の運転だった。 運転手は2人で途中で交代をする。深夜の高速をひた走っていると前方にバスを見つけた。 バスは一般道を走る路線バスタイプで、高速を走る観光バスタイプではなかった。 おっ!路線タイ...

NO IMAGE

第3056話 大宮の駅のホームで

477 :本当にあった怖い名無し:2013/03/25(月) 00:10:29.21 ID:DE+PeMje0書いていい? 一昨日起こった不思議すぎる体験談。 俺は埼玉県の大宮って駅使ってるんだよ。この駅で電車を乗り換える。 一昨日の夜は仕事後遅くなって、大宮の駅に着いたのが22時半頃。乗ってた電車が大宮について、電車を降りた瞬間、ドンッ!...

NO IMAGE

第3041話 中古のインテグラ

240 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 15:31:57.22 ID:X8FS1xI30車の話はまだあって、20年ぐらい前に中古のインテグラという車に乗ってたんだが 田舎道を走ってた時に道の真ん中に紐みたいのが真っ直ぐに置いてあり避けきれずに 轢いてしまったのだがブチっとゴムみたいな感覚があり、その後動いたので蛇だったと 気が付い...

NO IMAGE

第3040話 深夜の三国トンネルで

236 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 11:42:10.93 ID:X8FS1xI30三国トンネルでやばかった思い出はあるよ。 一人で運転してて12時回ってたと思う。 トンネル出る間際だったか、バタバタバタっ!っと外側から音が聞こえて 窓いっぱいに手形の後がついてた。 マジでびびった。 手形付きのまま家まで何とかたどりついた...

NO IMAGE

第3038話 深夜の三国峠で

218 :本当にあった怖い名無し:2013/03/11(月) 04:40:54.30 ID:+tcIu2510数年前、深夜に三国峠を走ってた。 新潟から千葉まで、毎週走っていて慣れていたからカーブなのにスピードを出してた。 ある日いつものように飛ばしているとカーナビの声で「スピードが出し過ぎています」と流れて、いきなり勝手に減速始めた。 その直後、対向...

NO IMAGE

第3031話 コンビニ駐車場で

137 :本当にあった怖い名無し:2013/03/08(金) 05:51:41.79 ID:RdnW1A1i0いつものように、仕事場に行く途中、車でコンビニ寄ったんだ。 その仕事場は、初めてで、早めに出て朝食をおにぎりと飲み物を買った。 コンビニの店のまん前の左端に停めた車の中でもしゃもしゃ食べながら携帯いじってたんだ。 すると、コンビニの左側面駐...

NO IMAGE

第3030話 狸と最終列車

115 :本当にあった怖い名無し:2013/03/06(水) 23:26:39.13 ID:srBYXK+90仕事中に体験した話です。仕事は列車の運転士をしています。 その日は大雨の中、最終列車の乗務をしていて駅に停車中でした。やがて出発時刻となり、信号が青に変わった瞬間信号が消灯してしまいました。 おいおいこのタイミングで球切れかよと思いながら、無線で...

NO IMAGE

第3021話 存在しない駅

963 :1/2:2013/02/21(木) 13:17:08.00 ID:f0BcJz6s0そういえば、俺もきさらぎ系の体験したことがある。 2年くらい前の秋の夜だけど、電車に乗って実家に帰っている途中、うつらうつらしてて、 汽笛の音がしてはっと目が覚めた。 「ありゃー。降りる駅すぎたかな」と思って窓を見るけど、真っ暗でどこかわからない。 電車の中...

NO IMAGE

第2987話 ミッキーがいる

126 :本当にあった怖い名無し:2012/12/20(木) 09:59:16.89 ID:Oop9CKgX0貧乏。生活保護以下の母子家庭なんだが、変な事があったんで書き込む。 見事に貧乏なんで、この前の休日は子どもと2人で電車に乗ってきた。 田舎の私鉄なんで単線。一車両。途中は全無人駅。JRの駅から、昔はにぎわってた場所まで行って帰るだけ。 それでも...

NO IMAGE

第2937話 寝台列車で

988 : 本当にあった怖い名無し: 2012/10/14(日) 00:27:23.19 ID:u0A3y9Ec010年ほど前に九州行きの寝台列車に乗った人の話。 東京から寝台列車に乗ってベッドに入り寝ていたが、ふと目を覚ますと駅に停車していた。 駅は結構な数の人がおり、にぎわっていた。そこへ一本の列車が到着したが、薄い緑色の 見慣れない列車だった。列...

スポンサーリンク