「 怪物・妖怪 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第2235話 八尺様

472 :本当にあった怖い名無し:2011/03/11(金) 16:40:06.72 ID:+bThLnpY0田舎に母と里帰りした時に地元の子に誘われて川に釣りに行ったんだ。 そんときに「ぽ、ぽぽ。  ぽぽぽ。」て鳩のような人のような声が聞こえた。 声のした方を向くともの凄く背の高い女の人が帽子かぶって立ってた。 俺は地元の子と顔合わせてキョトンとして...

NO IMAGE

第2216話 ォトウサン

856 :本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 17:33:33.51 ID:9vYp+QQ80ォトウサン 今朝、目が覚めて食卓に行くとテーブルでお父さんが新聞を読んでいる。 お母さんはキッチンで料理を作っている。 … パジャマ姿でトイレに向かう…誰か入っている。嘘だ!家族は3人しかい ないはずなのに…おそるおそるドアを開けてみる...

NO IMAGE

第2198話 真っ黒い球体

613 :本当にあった怖い名無し:2011/02/09(水) 09:06:23 ID:KzGenOVWO高三の夏休み、家族でばあちゃん家に泊まりに行った。 両親や弟達は遊びに行ってしまい、私は一人涼しい仏間でゲームをしてた。 しばらくしてゲームに疲れた私は、ゴロンと横になった。 何気なく天井を眺めていると、隅の方に、直径50cmくらいの真っ黒い球体があ...

NO IMAGE

第2088話 動く球体

236 :本当にあった怖い名無し:2010/11/11(木) 01:05:36 ID:7AKZJpkr0 俺の実体験。 今年の夏頃の話だったと思うんだけど、夜道を歩きながらツレと携帯電話で話してたんだわ。 なんとなしに目の前のマンションの一階ベランダ辺りに視線をさ迷わせていると 人の頭部らしきものが目に入りてっきり下着泥棒かと思って面白そうだからなんと...

NO IMAGE

第2084話 やまけらし様

206 :本当にあった怖い名無し:2010/11/10(水) 19:01:54 ID:nOPO0RK70俺の家は物凄い田舎で、学校に行くにも往復12kmの道程を自転車で通わないといけない。 バスも出てるけど、そんなに裕福な家でもないので定期買うお金がもったいなかった。 学校への道はちょっと遠回りだけど街中を通る道と、若干近道だけど山越えをする道と2つある...

NO IMAGE

第2053話 わたしのは、あさまかえしてえ

786 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/30(土) 05:54:27 ID:0JsnsTsE0 私は中学生まで、ドの付くほどの田舎で暮らしていました。 これは、私が小学生の時の話です。 風呂上がりに自分の部屋でくつろいでいた時、目の前をバッと何かの影が横切りました。 「?」として見渡すと、黒い虫が一匹、部屋の中を飛んでいました...

NO IMAGE

第1978話 キョロちゃん

652 :本当にあった怖い名無し:2010/09/07(火) 19:02:45 ID:jkJEkOSvO >>611 東富士演習場含む富士山のあの辺りは確かに 色々と不思議な事が起こるよ。 自分、以前東富士そばの集落に新築の家を建てて住んでたんだけど、そこはこの板的にはかなりの勢いでパラダイスだったよ。 俺は子供の頃からいわゆる見える...

NO IMAGE

第1975話 一反木綿(3)

607 :本当にあった怖い名無し:2010/09/06(月) 01:22:05 ID:5B6xd3MS0 俺も一つ投稿してみるか。 こういうスレやサイトに投稿できる体験談なんてほとんどない俺だが、幼稚園児ぐらいの時は妙な物をよく目撃したりしてた。 これはその幼稚園児ぐらいの時の事なんだが、確か幼稚園から家に帰る時の事かな。くわしくは覚えてないが。時間帯は...

NO IMAGE

第1947話 お好み焼き屋の小窓

310 :本当にあった怖い名無し:2010/08/17(火) 14:51:19 ID:L7n/1qKr0 20年以上前の話だけど、近所にちっちゃいお好み焼き屋があって家族でよく行ってた。 ある日、家族があまりに相手にしてくれなくて退屈してた。 俺がもたれかかってた壁と床の設置部分あたりに30cm四方くらいの障子小窓があって、 それをいじってた。いつ...

NO IMAGE

第1930話 巨大な頭

106 :本当にあった怖い名無し:2010/08/11(水) 00:43:53 ID:SKf2HIaz0 俺がまだ小学校低学年くらいだった話。 普通の住宅街にあるマンションの3階に住んでいたのだが、ある日子供部屋の中を横切ったとき、ピィーンと耳鳴りがしたと同時に金縛りにあった。 当時はまだ金縛りなんていう知識も無く、ひたすら混乱していた。 ふと視界のぼ...

スポンサーリンク