「 不思議体験スレ 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

第3227話 ムジュラの仮面

66 :名無しさん :2014/03/23(日)03:26:55 ID:w6wWNGOJnなんかよくわからんもの見た時の事書きたくなったんで書きますわ。 その時真っ昼間の場所が家の2階だった。自分の部屋から出てすぐに何かが、 向こうから自分の部屋に空中を平行移動しながらスーっと向かって来た。 すれ違う前に目の前で消えたんだが、それの見た目が ムジ...

NO IMAGE

第3226話 枕元の足音

63 :忍法帖【Lv=65,コング】 :2014/03/22(土)03:34:55 ID:nW3aMnZfr修学旅行の話が出たので、私も。 修学旅行で京都に行ったとき、一部屋8人で宿泊した。 長方形の部屋の真ん中に線を引いて、上下に分けた様を想像してね。その線に布団が被さらないように布団を敷いて、みんなの頭が線の方に向く ように枕を並べたんだ。 夜中...

NO IMAGE

第3225話 右側に鏡がある部屋

62 :名無しさん :2014/03/17(月)12:13:34 ID:lQSc2yiPL中学校の修学旅行にて。あまり怖くない上に長いけど、事実です。 宿泊先の旅館に着く前のバス内で担任が「入って右側に鏡がある部屋は出るぞ」と言った。 怖がらせようとしてると思って気にしなかったんだけど、自分達の部屋に入ると右側に鏡があった。 他の部屋に確かめに行く...

NO IMAGE

第3224話 白いブラウス赤いスカートの女性

61 :名無しさん :2014/03/15(土)16:55:27 ID:usQMdmecG深夜2時を回ってた、県境の某トンネルの入り口に差し掛かった時、 電話ボックスに白いブラウス赤いスカートの女性がいた。 そのときは何気なかったが、トンネルに入ってから気になった。 こんな深夜に、車のトラブルかな?と。だったら助けないと、 思ってトンネルの中で Uタ...

NO IMAGE

第3223話 黒い影

60 :名無しさん :2014/03/14(金)23:34:48 ID:GyBOpRhpJ高校2年の時。夕方、まさに黄昏時というような時間と夕焼け。 その日は親の運転する車で帰ってる最中だったんだが帰宅時間と重なって道が混んでたんだ。 信号で停まった時、ふと気になって横を見ると家の前の駐車場に黒い影が見えた。 黒い人影。 人の形はしてるけど見た目では...

NO IMAGE

第3222話 お化け屋敷のバイト

59 :名無しさん :2014/03/14(金)22:47:45 ID:lRp4Rv9sz長くなるがすまぬ 俺昔お化け屋敷でバイトしてたんだわ。 ちょっと特殊なお化け屋敷で、仮面をつけてお化けやってたんだが、ある日 3世代(ばあさん、マッマ、幼女)3人組のお客が来た。3人と言っても仮面つけてて 前が見えにくいから足と声から判断して脅かしてた。 ...

NO IMAGE

第3221話 母の体験話

40 :名無しさん :2014/03/13(木)16:14:32 ID:aePFmZc3U私の母親がそういった体験をすごいしてる人なんだよな。 簡単に書いてみる。 ○静岡の某所(滝がある所)で深夜人気が全くないのにも関わらず 大勢の喋り声が聞こえた ○あるアパートに住んでた時に 深夜上の階から水が漏れてきたみたい。 その日は、以前上の...

NO IMAGE

第3220話 巨大な人魂

39 :VIPより転載 :2014/03/13(木)06:25:47 ID:KqIuIAVHV俺のおふくろは戦前満州から北朝鮮のあたりに開拓移民でいたんだが、 夕暮れ時、街角の十字路で1m超えるような人魂を見たことがあると 言っていたな。 ぽっかりと浮かんだ人魂は逢魔が時の薄暮の中をふらふら漂っていた らしい。恐怖はなく、何か不思議な物を見ている...

NO IMAGE

第3219話 イタコなかぁちゃん

36 :名無しさん :2014/03/11(火)22:52:49 ID:tvQpNeF2J自分の経験じゃなくてもいいかな?かぁちゃんが割とイタコ 亡くなった知人親戚等を呼ぶ事ができるようだ。 なお、知らない人は基本的に怖いから呼びたくない。との事だが、まれに来るみたい。 北朝鮮の拉致被害者の方が世間にもっと興味もっていただきたいと 話しかけてきた...

NO IMAGE

第3218話 ばあちゃんが好きやったゲーム

24 :名無しさん :2014/03/09(日)22:08:32 ID:TPkJZbb4t祖母が亡くなった時の話。 祖父母4人の中で一番若い人で一番大好きな人だったから、ショックで数日経ってもまだ思い出しては泣いてた。 ある日の夕方、自室のベッドで横になってやっぱり泣いてたら、突然祖母の声が聞こえた。 「まだ泣いてんの?」って。頭を撫でられた感触もあっ...

スポンサーリンク